メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

被害状況「見える化」で共有

実名報道で進んだ安否確認

山下晴海 RSK山陽放送 報道部長

カメラが捉えた背水現象

写真2 小田川が橋詰で堤防を越え、画面右手前に流れ出している。7月7日午前2時50分、倉敷市真備町拡大写真2 小田川が橋詰で堤防を越え、画面右手前に流れ出している。7月7日午前2時50分、倉敷市真備町
 7月7日午前2時50分に撮影した映像がある(写真2)。真備町を取材していたクルーが撮ったものだ。写真の左側、小田川から水が堤防を越えて、右側の田畑や住宅地へと流れ込んでいる。激流ではないゆっくりとした水の流れだ。これを「バックウォーター現象」と呼ぶことを今回の災害で初めて知った。撮影されたのは初めてではないかと専門家は話す。

 この現象は背水現象とも呼ばれる。大雨などにより増水した本流の川の流れにせき止められる格好で、支流の川の水位が急激に上がる。このため支流の川が合流地点より上流で溢れ、水が堤防を越えて氾濫するのだ。堤防の決壊をもたらす危険な状況と言える。これを撮影した経緯を取材クルーに聞いた。

 午前1時半、真備町の小田川北側(地区の中心部)に避難指示が出た。取材を続けるうちに次第に浸水が始まり、増水していった。記者は危険を感じて高台への避難に移ろうとする。そこに1台の消防車が現れた。「これについていけば安全に避難できる」。そう思い、取材車で消防車の後を追ったという。消防車は堤防の上に向かう。しばらく走った所で止まった。消防車から「バックしてくれ。引き返す」と指示。堤防の上では越水が始まっていて行く手を阻まれたのだ。

 この場所で、 ・・・ログインして読む
(残り:約2549文字/本文:約5218文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

山下晴海

山下晴海(やました・はるみ) RSK山陽放送 報道部長

1967年、岡山市生まれ。91年RSK入社、報道部記者、デスクを経て2001~04年にはTBSカイロ支局長としてイラク戦争などを取材。05年にRSKに戻り、ハンセン病をテーマにしたドキュメンタリーなどを制作したほか、東日本大震災、熊本地震なども取材。