メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

福島をバイアスから解き放ち 中間集団の再構築を

開沼博 立命館大学衣笠総合研究機構准教授、福島大学客員研究員、東日本国際大学客員教授

 福島の今がいかなるものか。外から見ていても容易には理解できない。かといって内側から見たら全てを理解できるというわけでもない。

 「福島」でも「廃炉」でも「復興・再生」でも良いが、ある概念を前に皆が同じものを思い浮かべて、そのために共に取り組む状況があるならば良いが、現実はそうなっていない。それぞれが違う前提のもとで個別の小さな課題をもぐらたたきゲームの如く潰す作業に労力を費やし、同種のことをしている人同士の連携や違う立場からの共創に向かう糸口はなかなか見つからない。

 先日も、廃炉関連の中央省庁関係者から「避難者」の話を聞きたいと言われた。その人はこれまでもそれなりに被災自治体をまわり、話を聞いてきたはずだったので、「いや、避難者の話は散々聞いてきたんではないですか、あの人もこの人も避難生活を続けながらの生活ですよね」と言うとハッとした顔をする。彼は避難者というと、テレビで見たことがある仮設住宅にいるお年寄りだとか父親が単身赴任をして避難先に残る母子世帯のような人々を無意識に想像していたという。その印象と、普段接している役場職員や事業者とが結びつかなかったようなのだ。被災自治体で暮らす人の中には、震災前の家や職場と震災後に避難した先で確保した家との二拠点居住生活をしていたり、子どもの学校や高齢者の利便性の関係で遠方に家を移してそこから通勤していたりする人も少なくない。「ステレオタイプ化された避難者像」の範疇からこぼれ落ちるような、そういった人が目の前にいることに気づかないまま、数年前から福島に関わるようになったその人は、ある意味で仕事を「こなして」いたのである。「避難者」という概念自体、複雑化・不可視化しているし、その概念を同じように使いながらも、それぞれに見ているものにズレができてきてしまっている。そんな現実が8年たった福島に生まれている。

選別と解釈のフィルター

拡大双葉北小学校の教室にはランドセルが残され、床や本にカビが生えていた=2018年12月、福島県双葉町

 ステレオタイプを作り出すのにメディアやジャーナリズムが担った役割は少なくない。ステレオタイプ化自体は良いものでも悪いものでもない。ステレオタイプ化することで複雑なものが理解しやすくなったり共感が集まったりする効果もある。ただ、いま認識すべきなのは、ステレオタイプ化されたもの・ことの中で、それがかつては現実と乖離していなかったとしても、8年たち現実とズレ始めているようなことについてはその都度アップデートしていく作業が必要だということだ。それなくして、より広い、持続可能な形での福島が抱える課題の解決に向けた取り組みや連携・共創は生まれない。

 そもそも、現実を認識すること自体、あるいは現実を描こうとすること自体、簡単ではないのも事実だ。

 例えば、私は2015年より、福島第一原発の内部を継続的に取材し、カメラやそこに実際にいた時に聞こえる音を立体的に録音できるバイノーラルマイクを持ち込みその変化を追っている。その中で改めて気付かされるのは、私たちがいかに過剰な選別と解釈のフィルターを通して現実を認識させられているのか、ということだ。

 福島第一原発は、敷地面積で350万平方メートル、東京ドーム75個分に相当する広さを持つ。しかし、例えばそれを報じる時に世に出回る写真を並べてみると、どれも似通った対象への似通った角度のものばかりであることに違和感をおぼえることになるだろう(試しにインターネットで画像検索してみれば良い)。

 なぜそうなるのか。それは、核セキュリティ上、福島第一原発の構内にはそこかしこに撮影して記録に残すことが禁じられているものが配置されているからだ。テロリストが原発構内に侵入して核物質を持ち出す可能性を考えれば、その計画に必要な手がかり(取材で原発構内を撮影する機会を持てば詳細な説明を受けることになる)の入手を防ぐため、撮影できる構図は極めて限定されたものになる。その制約の中で、ひと目で福島第一原発の情報を伝えうる被写体・画角を選んでいくと、それは似たものにしかならない。私たちにはこの8年間、おそらく数え切れないほど福島第一原発の姿を見てきたような感覚があるだろうし、それが福島第一原発の現実そのものだと感じているかもしれないが、実際には、それは過剰な選別と解釈のフィルターを何重にも通った像でしかない。

 ただ、そのフィルターが破られていくのを感じることもある。例えば映像を撮っていた際に残された音に耳を傾ける時がそれだ。鳥の鳴き声、浜風の音、雑談する人々のリラックスした声。ここ1年ほどメディア露出が多い三号機のオペレーティングフロアに登るエレベーターの中ではファミコン音楽風にアレンジされた『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌が流れはじめる。構内の各所に自動音声案内の機械が置かれていて、階段では転ばないように手すりをつかめ、食事の前には手を洗えなどと、労働災害や感染症を防ごうと作業員に呼びかけ続けている。実際の音を聞いた個人に委ねられるだろう解釈の可能性と選別の余地に開かれた「福島の今」こそ、本来、もっと多くの人に届けられるべき現実かもしれない。それこそが、バイアスに慣れると同時に無意識のうちに見て見ぬふりをする対象となった福島について改めて考え、認識を刷新するきっかけになるだろうからだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

開沼博

開沼博(かいぬま・ひろし) 立命館大学衣笠総合研究機構准教授、福島大学客員研究員、東日本国際大学客員教授

1984年、福島県生まれ。東京大学文学部卒、同大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。専攻は社会学。著書に『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『フクシマの正義「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)ほか。