メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

震災8年、忘却と無関心に抗うために

メディアはプレイヤーとして地域の中に

小松理虔 ローカルアクティビスト(地域活動家)

 朝6時半に目覚め、娘を起こして朝食をとり、妻と娘を送り出し、少し遅れて自分の事務所へと向かい、午後6時くらいまで仕事をする。帰宅したら家族と夕食を食べる。時には男の料理なんかもして、娘を風呂に入れて寝かしつけ、だいたいその時に寝てしまう。それが私の毎日。以前ほど東日本大震災直後の日々を思い出すことは減ったし、夢に見ることもほとんどなくなった。当たり前に福島県産の食材を食し、休みの日には近くの公園で子どもを遊ばせている。日々の暮らしは、これを読んでいる読者の大半と同じようなものだろう。

 しかし、日々の生活のふとしたところにこそ震災や原発事故は顔を出す。

 公園に設置されたモニタリングポスト。海沿いの眺望を遮る防潮堤。夕方、何気なく見ているテレビで取り上げられる空間放射線量。ニュースを見れば、同じ県内に「帰還困難区域」が存在することの不条理を感じずにはいられなくなるし、ふとフェイスブックを開けば、震災後に県外に移住した友人や、県外から福島第一原発が立地する双葉郡内に移住して華々しく活躍する知人、子どもの被曝を気にかける同級生の投稿を目にしない日はない。

 そんな時、自分が震災後の福島に生きていることを強く実感する。あの日、私たちの暮らしも、人間関係も、食に対する考えも、人生観も何もかもが変わってしまった。もう、震災前を生きることはできないのだと。そして、震災と原発事故が切り裂いたものに思いを馳せ、うろたえてしまうのだ。

 かつての日々を取り戻したように見えて、その実、暮らしは引き裂かれたまま、私たちは震災後の日常を生きている。

 被災地の内/外。食べる/食べない。賛成/反対。当事者/非当事者。多くの物事が二項対立化していき、そしてその語りにくさの外側では圧倒的な速さで「忘却」や「無関心」が広がっている。

 これからは震災を知らない世代が続々と生まれ、育っていく。端(はな)から知らないのだから「忘却」どころの話ではない。近い将来、震災や原発事故を語る人は、圧倒的なマイノリティになっていく。

 震災から8年になる。忘却や無関心、そして語りにくさという課題に、私たちはどのように立ち向かっていくべきなのだろうか。

 小さなコップのなかで嵐を巻き起こしたところで、事態を変えることは難しく、外側に情報を伝えられない。震災を生きた人とそうでない人の間の「伝わらなさ」の問題は、ますます大きくなっていくはずだ。では、私たちはいかにして空間的・時間的な「外部」へと情報や思いを届けていけばいいのか。これまでの実践を通して感じてきたものを中心に考えていきたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小松理虔

小松理虔(こまつ・りけん) ローカルアクティビスト(地域活動家)

1979年、福島県いわき市生まれ。法政大学卒業後、福島テレビ記者やかまぼこ製造会社勤務などを経て現職。福島県いわき市小名浜で企画展示スペース「UDOK.」(うどく)を主宰。「いわき海洋調べ隊『うみラボ』」共同代表。『新復興論』(ゲンロン)で第18回大佛次郎論壇賞受賞。共著に『常磐線中心主義』(河出書房新社)など。