メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

天皇制の謎と民主主義

「基盤装置」の危うい未来

大澤真幸 社会学者

拡大訪英先のバッキンガム宮殿で立ち話をする(左から)エリザベス女王、天皇、皇后両陛下と夫のフィリップ殿下=2007年5月

 天皇は――制度としての天皇は――謎である。外からこれを見ている者にとっても謎だが、それを維持している日本人にとっても深い謎だ。天皇制はなぜあるのか。何のためにあるのか。日本人は、それを明晰に説明することはできない。ヘーゲルに、「エジプト人についての謎は、エジプト人にとっても謎である」という格言めいた命題があるが、日本人は、天皇制に関して、まさにこのエジプト人である。

なぜ続いてきたのか

 天皇制の歴史を振り返ると、謎はいくぶんかは小さくなるだろうか。逆である。謎は深まるばかりだ。最も大きな謎は、天皇制の継続性である。日本の歴史を振り返ってみると、その大半の期間において、天皇や朝廷は、たいした機能を果たしていないように見える。一見、ほとんど無用である。それどころか、ときの最高権力者にとって、天皇制は、ないほうがよい障害物だったのではないか、と推測したくなる期間が実に長い。日本の歴史の中には何度も、天皇制が廃棄されてもふしぎはないような局面があったのに、結局、天皇制は温存された。武家政権は、天皇制を完全に打倒し、撤廃することもできたように見えるのに、そうしなかった――そうできなかったのだ。武家政権は、互い同士では潰し合うこともあったのだが、それよりはるかに弱い朝廷を完全に廃棄することはなかった。どうしてなのか。

 とりあえず、最小限のこととして、次のように言うべきである。これほど無用に見えるのになお日本人がそれを棄てることができないのだとすれば、日本人は、天皇制をよほど必要としてきたのだ、と。しかし、日本人は、なぜ自分たちがそこまで天皇(制)に執着するのか、それを意識化できてはいない。

 天皇制の継続性は、「万世一系」という語によって表現されている。天皇の地位は、最初の天皇から今上天皇まで断絶することなく世襲されてきた……ことになっている。歴史上、世界各地にさまざまな王権が存在したし、現在でも存続してもいるが、しかし、日本の王権、つまり天皇制ほど継続性をもった王権は、ほかにない。万世一系であることの副産物は、天皇制には王朝の観念がない、ということである。中国の皇帝にも、またヨーロッパの王権にも、王朝という見方がある。たとえば、現在のイギリスの君主(エリザベス2世)は、ウィンザー朝――かつてハノーヴァー朝と名乗っていたこともある――に属している。ウィンザー朝=ハノーヴァー朝は、スチュアート朝の後に、イングランドに君臨した。だが、万世一系であれば、王朝によって、王の系列を区別する必要はない。王朝の観念の不在は、天皇が姓をもたない、ということを意味している。他の国の君主と違って、日本の天皇には姓がない。一般に、王朝は、「姓」によって区別されるからである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大澤真幸

大澤真幸(おおさわ・まさち) 社会学者

1958年、長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科修了。社会学博士。千葉大学助教授、京都大学大学院教授等を歴任。『ナショナリズムの由来』(講談社)、『自由という牢獄』(岩波書店)、『社会学史』(講談社現代新書)、『コミュニケーション』(弘文堂)等、著書多数。個人思想誌『Thinking「O」』(左右社)主宰。