メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「何も聞かない」検察の記者会見

取材プロセスを質問で示す時代に

鎌田靖 フリージャーナリスト

「官房長官会見とは性質が違う」

 当時の記者会見について、他の記者はどう受け止めていたのだろう。NHK社会部時代の先輩で特ダネ記者としてならしたノンフィクション作家の小俣一平氏に聞いてみた。ロッキード事件の主任検事だった吉永祐介元検事総長に最も食い込んだ記者として知られ検察記者として私の目標だった。その小俣氏は開口一番「 ・・・ログインして読む
(残り:約7254文字/本文:約9077文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鎌田靖

鎌田靖(かまだ・やすし) フリージャーナリスト

1957年、福岡県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒。2015年、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了(政治学)。1981年、NHK入局。報道局社会部、社会部副部長。司法キャップ、解説副委員長などを歴任しフリーに。現在、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「未来世紀ジパング」などに出演している。