メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

情報技術と現代の時間感覚

強要される時間の自己管理

鈴木謙介 関西学院大学社会学部准教授

「眠らない社会」は終わるのか

 美術批評家のジョナサン・クレーリーは『24/7―眠らない社会』(NTT出版、邦訳2015年)の中で、現代が「不眠社会」であることを指摘している。すなわち、進歩や発展といった時間の流れから切り離され、資本主義とグローバリゼーションの無限の拡大を志向し続ける現代においては、睡眠こそが無駄な時間なのであり、いかにして眠らずに活動し続けるかが主たる関心となるというのである。

 確かに、こうした主張は現代のある側面を表しているようにも思える。金融市場はニューヨーク、東京、ロンドンをまたぎながら24時間取引可能なマーケットとして動いており、祝日が重なった2019年のように、長期的に市場を開けないことは、それ自体リスクとみなされる。ウェブ関連のサービスにおいては、サーバーの「ダウンタイム」が短いことが売り文句になる。文字どおり24時間稼働し続けることで、常時サービスを提供し続けられるというわけだ。

 他方で、こうした「眠らない社会」の終わり、あるいは限界を予感させる出来事も目につく。

 日本国内においては「働き方改革」の掛け声のもと、残業の抑制や労働者の事情に合わせた時短勤務、リモートワークなどが推奨されるようになっている。「24時間眠らない社会」の象徴だったコンビニエンスストアですら、加盟店に対する過大な負荷が問題視され、24時間営業をやめるという決断を迫られている。

 産業ではなく、私たちの生活においてはどうだろう。

 NHK放送文化研究所が5年に一度行っている「国民生活時間調査」では、1960年の調査開始以来、一貫して睡眠時間の減少が続いていた。ところが2015年に行われた最新の調査によると、以前から見られていた「早起き化」の傾向に加え「早寝化」が進んだことで、睡眠時間の減少が止まったのだという(関根智江ほか「日本人の生活時間・2015~睡眠の減少が止まり、必需時間が増加~」『放送研究と調査』2016年5月、図1)。より詳細にデータを確認すると、調査方式が変更された1995年以来、世代や性別によってばらつきはあるものの、短くなる傾向にあった平日の睡眠時間が、若い男性や中高年の女性で増加している。とはいえこれはあくまで2015年の調査結果における一回限りの結果であり、「減少が止まった」と判断するのは早計かもしれない。

拡大図1 睡眠時間の時系列変化(3曜日・国民全体・全員平均時間) 出典:「国民生活時間調査」


 同じ調査では、インターネットの利用時間についても調べている。「趣味・娯楽・教養のインターネット」の時間は、2005年に20分だったものが2015年には43分と倍増している(いずれも日曜日)。2005年の日曜日の「新聞」の時間が21分だったことを考えると、この10年の間にインターネットの利用時間は新聞を抜いたことになる(渡辺洋子ほか「国民生活時間調査から読み解く③ 調査でとらえたインターネットの現状と今後の調査へ向けて」『放送研究と調査』2017年8月、図2)。
拡大図2 各メディアの時間量の時系列変化(日曜日・国民全体) 出典:「国民生活時間調査」


 だがこれについても注意が必要だ。上記の調査レポートでも触れられているように、近年のインターネットで利用できるサービスは多岐にわたっている。「新聞を読む」「テレビの番組を見る」「マンガを読む」といった行為もすべてインターネットを通じて行うことができるものになっており、回答者はこれらの項目について、インターネット経由のものを含むのかどうかを判断できない。また現代のインターネット利用の中心を占めるソーシャルメディアの利用についても、現状の調査項目では判別することができない。

 問題はこれだけではない。私たちの日常においては、スマートフォンのアプリ経由で人と連絡を取るのが当たり前になっているが、それは言い換えれば「いつでも連絡がつくように待機している」状態が、一日の大半を占めているということでもある。こうした待機時間は、具体的に何かの行動として観察することのできない「見えないインターネット利用の時間」と言うこともできるだろう。

 睡眠との関連でいえば、スマートフォンの「睡眠記録アプリ」も興味深い事例だ。これは、睡眠時に自分がどのような状態で眠っていたかを記録することで、浅い眠りの時間と深い眠りの時間の推移や、睡眠の質を測定するアプリである。つまり、私たちが眠っている間にもアプリは動いているわけだが、これは「スマートフォンを利用している時間」と呼ぶべきだろうか。

 こうしたデータや事例から見えてくるのは、現代が「24時間眠らない社会」であるとしても、そこで活動しているのは人間ではなく、インターネットのようなシステムであるということだ。

 だとするならば、事実として人間がどのくらい活動しているのかといった点だけに目を向けて、この「24時間稼働する社会」について考えても、本質を突いたものにはならないだろう。論じなければならないのは、システムが24時間稼働していること、そしてそれをいつでも利用できることで変化しようとしている、私たちの時間感覚についてである。この文章では、その新たな時間感覚がどのようなものであるのかについて、多角的に論じてみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

鈴木謙介

鈴木謙介(すずき・けんすけ) 関西学院大学社会学部准教授

1976年、福岡県生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。関西学院大学先端社会研究所所長。TBSラジオ「文化系トークラジオLife」のパーソナリティーも務める。専門は理論社会学・情報社会論・グローバル化論。著書に『未来を生きるスキル』『ウェブ社会のゆくえ―〈多孔化〉した現実のなかで』など。