メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小説だから描き出せる真実がある

社会や世界の仕組みがわかる小説10冊

真山仁 小説家

拡大

 日本では、娯楽小説に秘められたジャーナリズム精神に気づかない傾向がある。ジャーナリズムを語れるのは、ノンフィクションや評論だけと思い込んでいる人が多い。だが、ノンフィクションや評論には、限界が存在することを忘れてはならない。

 英米のエンターテインメント小説、中でも、ミステリ小説には、ノンフィクションに比肩する鋭いジャーナリズム的視点と、世界の不条理を浮かび上がらせる力を持つ作品が多数存在する。

 地道な取材を続け、資料を読み解き積み上げることで、真実が白日の下にさらされる―。その過程こそ、ジャーナリズムの真骨頂だろう。

 ノンフィクションは、その過程をつまびらかにしながら、読者に「何が起きたのか」「本当の真相とは、何だったのか」「こんな権力者の横暴を見すごして良いのか」と訴える。

 そのためには、徹底した裏付けや検証が必要となる。真実を手に入れたと取材者が思っても、それが裏付けられない限り、それは真相として述べることは許されないのだ。
結果として、もどかしさが残る場合が多い。あるいは、そこから先は、読者に「きっとそれが真実なのだろう」と類推してもらうしかない。

 だが、叶うならもう一歩、真実に近づき、その事件の背景に一体何があったのかを知りたい。

 小説なら、そこに辿り着けると私は考えている。

 固有名詞と事件の具体的な部分には、架空を施す必要があるが、その本質と構図を鮮明にする登場人物を配し、真相に突き進んだならば、本来明かされるべき事件の真相が、明確かつ鮮明に読者に届けられる。

 そのためには、ノンフィクションに近い取材や、元となる事件との相似形を生み出す妄想力などが必要ではあるのだが。

 もう一つ、ノンフィクションには、陥りやすい落とし穴がある。

 時として真実の解明にこだわりすぎると、「分からない者は、分からなくてよい」という考えが頭をもたげる。しかし、無関心な人に、世界で起きている真実を伝えられないレポートや論は、ジャーナリズムの社会的責任を全うしていない、と私は思う。

 ところが、小説は最初から、読み手を想定し、読み手に強い想いを届けることが使命づけられている。

 どれほど奇抜なトリックや事件、あるいは大陰謀を描いたとしても、そこに人間の息づかいがなければ、それは小説とは呼べない。

 小説には、人間の素晴らしさ、愚かさ、怖さ、美しさが凝縮されている。だから、人を魅了する。

 その上、読者に感情移入させるため、読み手は自ずと、その小説世界で起きる出来事を、当事者として体験するのだ。

 あるがままの事実を突きつけるのではなく、現場に放り込まれ登場人物と一緒に体感する手法こそが、無関心な人に問題提起できる重要な方法になるのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真山仁

真山仁(まやま・じん) 小説家

1962年、大阪府生まれ。同志社大学卒。新聞記者、フリーライターを経て2004年、『ハゲタカ』でデビュー。同シリーズのほか、『マグマ』『黙示』『そして、星の輝く夜がくる』『売国』『当確師』『オペレーションZ』など、幅広い社会問題を現代に問う小説を発表している。最新刊は、東京五輪を舞台にした国際謀略小説『トリガー』。