メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

温暖化対策を求めて 高校生が「スト」する理由

酒井功雄/中村涼夏

南極で作物が育つ?

 シンガポールに旅行した時、現地の350.orgのメンバーで、物理教師をしているデイブさんに会った。彼は、昼飯を食べながら「このまま気温上昇が続けば私たちの未来は危ない」と語った。そして気温が4度上昇した世界の地図を私に見せた。

拡大気候行動サミットで演説するスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん。16歳の少女は各国政府代表をにらみつけ、「若者たちはあなたたちの裏切りに気づき始めている。私たちを見捨てる道を選ぶなら、絶対に許さない」と対策の遅れを非難した=2019年9月23日、ニューヨークの国連本部、ロイター

 私は目を疑った。地図には「低緯度の国は、干ばつや洪水で住むことが不可能になる」とあった。「氷が解けた南極で作物を育てることができるようになるだろう」とも書かれていた。デイブさんは「もしこんなことになったら、低緯度地域の人たちは移動せざるを得なくなる」と語った。大量の気候難民が生まれ、紛争が起こってもおかしくない。世界平和にも関わる問題だ。その地図で日本は、干ばつを示す茶色に塗られていた。このまま気候変動が進めば、自分たちの未来はなくなり、争いや異常気象に悩まされることになってしまう。

 ちょうどそのころ、16歳のスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんの動画を見た。彼女の発言は深く胸に刺さった。

 「あなたたち大人は嘘つきだ。私たちに未来は希望を持つべきものだと言った。しかし現実はどうか。あなたたちは私たちの未来を奪っている」「2070年、私には子供がいることでしょう。その時、彼らは言うかもしれません。なぜ、あなたたちは、まだ時間があった時に何も対策をしなかったのかと」

 すでに干ばつ、洪水、台風などで、多くの人たちが苦しんでいる。化石燃料を燃やし続ければ、もっと大きな気象災害に見舞われるようになるかもしれない。いま行動を起こさなければ、未来を守ることができなくなる。この恐怖や危機感を共有したいと思った。

「学校ストライキ」に参加

 彼女が始めた「Fridays For Future(フライデー・フォー・フューチャー、FFF)」、別名「学校ストライキ」の日本でのアクションがあると聞き、参加した。

 今年2月に最初に国会前でスピーチをした時の参加者は20人程度だったが、3月には約100人、5月は約300人と増えていった。9月の「グローバル気候マーチ」には東京では約2800人、全国で約5000人が参加した。

 2月のアクションに参加した高校生は僕一人だった。「声を上げる高校生はまだ少ないのか」と

・・・ログインして読む
(残り:約5551文字/本文:約7755文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。