メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

トランプ時代に進む米国の地殻変動

「保守」と「リベラル」共に変容

中山俊宏 慶應義塾大学総合政策学部教授、日本国際問題研究所上席客員研究員

共和党の場合

 共和党の場合、党員のイデオロギー的自己認識をみると73%が自らを保守と規定している(ギャラップによる調査)。これは18年の数字だが、「ギングリッチ革命」が起きた1994年には58%、若干の上下変動はあるものの、その後ほぼ一貫して漸増している。2018年の数字は、12年のそれと並んで1994年以来一番高い数字である。しかし、同じ「保守」であっても、

・・・ログインして読む
(残り:約8632文字/本文:約10522文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中山俊宏

中山俊宏(なかやま・としひろ) 慶應義塾大学総合政策学部教授、日本国際問題研究所上席客員研究員

青山学院大学国際政治経済学研究科博士課程修了。博士(国際政治学)。ワシントン・ポスト紙極東総局記者、国連代表部専門調査員、津田塾大学准教授、青山学院大学教授などを経て現職。著書に『アメリカン・イデオロギー』『介入するアメリカ』(ともに勁草書房)などがある。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです