メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

人はなぜ買いだめに走るのか

影響力はネットよりテレビ

橋元良明 東京女子大学現代教養学部教授

マスクの買い走り

 マスクの不足に関してはどうか。これに関しては、1月15日ころ、中国国内でのマスク不足がぼちぼちネット記事やテレビで報道され始め、20日以降、その数が急増し

・・・ログインして読む
(残り:約6185文字/本文:約8940文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橋元良明

橋元良明(はしもと・よしあき) 東京女子大学現代教養学部教授

東京大学文学部心理学科卒、同大学大学院社会学研究科修士課程修了。東京大学の社会情報研究所助教授や情報学環教授を経て、2020年4月から現職。前社会情報学会会長、元社会言語科学会会長。情報社会心理学、コミュニケーション論を専攻。主な著書に『日本人の情報行動2010/2015』『メディア・コミュニケーション論Ⅰ/Ⅱ』『ネットワーク社会』(以上、編著)、『ネオ・デジタルネイティブの誕生』(共著、ダイヤモンド社)、『メディアと日本人―変わりゆく日常』(岩波新書)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです