メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「継承」が生み出す「断絶」

覆い隠された当事者の情念

福間良明 立命館大学教授

平和記念公園と「醜さ」の排除

 原爆ドームに比べれば、平和記念公園はまだしも受け入れ可能なものだった。それは、生々しい惨状そのものを示すのではなく、あくまで抽象的なモニュメントであった。広島大学学長の森戸辰男は広島市長らを交えた対談のなかで、

・・・ログインして読む
(残り:約6405文字/本文:約9233文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

福間良明

福間良明(ふくま・よしあき) 立命館大学教授

1969年、熊本県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専攻は歴史社会学・メディア史。著書に『「戦争体験」の戦後史』(中公新書、2009年)、『「働く青年」と教養の戦後史』(筑摩選書、2017年、サントリー学芸賞受賞)、『「勤労青年」の教養文化史』(岩波新書、2020年)、『戦後日本、記憶の力学』(作品社、2020年)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです