メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

百田尚樹現象に敗れたメディアへの対し方を探る

石戸諭 記者、ノンフィクションライター

 本稿の結論をあらかじめ書いておこう。一つの条件を持って、8月ジャーナリズムは必要である。8月にアジア・太平洋戦争に関する記事が集中的に出てくる。これは「そんなに大切ならば、8月以外も報道するべきだ」と揶揄される対象だったが、私は8月だけであっても、考える時間が形成されている事実を重く見ている。

自身で気づいていない鉱脈

拡大広島原爆の日、平和記念式典で献花をする学生たち=2019年8月6日、広島市中区

 条件を探るにあたって、この論考を個人的な経験から始めてみたい。毎日新聞を経て、2016年1月にインターネットメディア「BuzzFeed Japan」に移籍した時のことだ。PV数やSNS上のシェア数などのデータを分析して驚いた。爆発的とは言えないが、8月あるいは何か節目の時に、私が書いたアジア・太平洋戦争に関する記事は読まれ、拡散されている。それも普段から熱心に政治を語り、社会運動にも関わっているような人たちだけではない。普段は生活の話題が多く、むしろ政治的な話題を避けるような人々が「あまり戦争の話はしませんが……」という枕詞をつけて、記事をシェアする。それも決して少なくない人がそうする。1年前の8月に公開された記事であっても、数字が伸びていくこともある。一体なぜ?

 今なら、こう指摘することができる。2011年3月の東日本大震災、福島第一原発事故もそうだが、「8月だから」というだけで、シェアするエクスキューズと文脈が存在している。ここに、多くのマスメディア関係者も気づいていない得難い財産がある。私がかつて書いた記事―2016年8月6日に公開した「広島への原爆投下を悔やんだ米兵、哲学者がみつけた『人間の良心』」という記事の書き出しはこうだ。

今から、約60年前のことである。
広島の原爆投下作戦に加わり、「英雄」と呼ばれたアメリカ軍パイロットがいた。彼は帰国後、原爆で亡くなった人たちの幻影に怯え、苦悩する。
やがて「原爆投下は間違いだった」と口にするようになった、彼、クロード・イーザリーは精神が錯乱したとみなされ、精神病院に入院させられた。
イーザリーの苦悩を、精神錯乱で片付けていいのか。
こう考えたのが、ユダヤ人哲学者ギュンター・アンダースだ。1902年ドイツ・ブレスラウ(現在のポーランド)生まれ。核をテーマにした著作で知られ、近年、再評価が進む哲学者である。
1958年、来日したアンダースは広島や長崎を訪問し、被爆者と対話を重ねている。アンダースはイーザリーとの往復書簡を始め、社会に問いかけた。あの惨劇を知り、巨大な組織の中で『ただ命令に従っただけだ』と言い切るのと、組織の歯車でありながら苦悩すること。
一体、どちらに良心があるのか、と。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石戸諭

石戸諭(いしど・さとる) 記者、ノンフィクションライター

1984年、東京都生まれ。立命館大学法学部卒業後、2006年に毎日新聞入社。大阪社会部、デジタル報道センターを経て、16年にBuzzFeed Japanに移籍。18年4月に独立し、フリーランス。著書に『ルポ 百田尚樹現象~愛国ポピュリズムの現在地』(小学館)、『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)。