メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

特ダネの記憶 「弘前大学教授夫人殺人事件」

「真犯人、涙の告白」特報 逮捕28年後の再審無罪につなぐ

井上安正 元読売新聞記者

告白者と対面、「真犯人」確信

 2日後、村山から「4日の夜に私のアパートで滝谷に会わせます」と電話があった。カセットレコーダーを携えカメラマンと村山宅で滝谷を迎えた。「私が滝谷です」とぴょこんとお辞儀をして長身を折り曲げるようにして正座した。自ら語るおぞましい過去とは裏腹に、淡々とした口ぶりだった。長い拘禁生活は、人間の本性を変えるのか

・・・ログインして読む
(残り:約7135文字/本文:約9801文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

井上安正

井上安正(いのうえ・やすまさ) 元読売新聞記者

1944(昭和19)年、栃木県生まれ。中央大学法学部卒。70年、読売新聞入社。東北総局、社会部を経て、広報部長、社会部長、西部本社編集局長など。弘前大学教授夫人殺し再審請求報道で日本新聞協会賞、菊池寛賞受賞、日本弁護士連合会会長から感謝状。