メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

メディアは「中立・客観」を離れ、 開かれた「公正」報道を目指せ

「多事争論」再び

外岡秀俊 ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院公共政策学研究センター上席研究員

 朝日新聞に元気がない。そんな声を、しばしば耳にするようになった。

 そんなことはありません。「森友学園」はどうです。「加計学園」報道はどうです。そう反論するのだが、どうも相手が問題にしているのは、特ダネや調査報道ではないらしい。

 「結局、優等生なんだよね」「足して二で割ったみたい」「両論併記でお茶を濁している」「一刀両断する代わりに、識者のコメントで逃げている」

 どうやら、くすぶる不満は、その辺りにあるらしい。つまり、角が取れ、以前のような覇気や気迫が感じられなくなった。朝日新聞の記者たちが、この社会にどう向き合っているのか、顔がみえない、というのだ。

 その遠因を、2014年に起きた朝日新聞の慰安婦検証問題、福島第一原発の「吉田調書」問題にまで遡る論者もいる。

 たとえば東京大学大学院の林香里教授は、「週刊金曜日」の昨年11月6日号「メディアウオッチ」欄に、「〝リベラル優等生〟朝日の『両論併記』『ファクト』報道で政治はどう変わる?」という論考を寄せて次のようにいう。

 菅義偉首相の初の所信表明演説にあたって、朝日はあれこれと注文をつけた。これも足りない、あれも具体性がない。だがそれは「提供されたサービスに注文をつける顧客のクレーム」に似ている。他方産経新聞は、その主張の良しあしは別として、国家観の欠如という「大きな政治」への注文をつけた。

 「思想」を語らない朝日と、「理念」を求めた産経という鮮やかな対比である。林教授は、その背景には、2014年の「朝日バッシング」があるとみなし、こう書いている。

 「あの事件以来、代表的リベラル・メディアと見なされてきた朝日のジャーナリズムは、ファクトで埋めよ、両論併記を心がけよ、意見は記者でなく識者に言わせよ、という態度が定着したと思う」

 朝日はこの間、確かに「モリカケ」問題などでファクトを掘り起こし、調査報道で本領を発揮した。だが、そうしたファクトの暴露にもかかわらず、安倍晋三・長期政権は揺るがなかった。

 このまま「両論併記」「ファクト」報道を続ければ、世間から不要とされるのは「リベラル優等生」の方ではないか。林氏はその「予感」で文章を締めくくる。

 私はこの小文が、遠くに起きた大地震を精確に記す地震計のように、メディアで起きつつある地殻変動を伝えている、と思う。つまり、朝日だけの問題ではなく、メディア全般への「予感」なのだ。

「中立・客観報道」の落とし穴

 戦後の日本のメディアは総じて「中立・客観報道」を標榜してきた。よくいえば公平無私の立場で事実を積み上げ、ファクトをして語らしめる。悪くいえば、だれからもクレームをつけられない無難な報道姿勢である。林氏が指摘する最近の朝日の姿勢は、その「王道」への回帰とみなすこともできる。だがその「王道」が、よくてトラブルをさける避雷針、悪くいえば偽りの看板であることは多くの人が知っている。

 たとえば渡辺武達・同志社大学名誉教授は、「サンケイEX」掲載の評論をまとめた『メディアリテラシーとデモクラシー』(論創社)で、これまでの「公正・公平・中立論」を次の五つのパターンに分類している。

①左右の両極端を排し、その他の異なった意見をできるだけ多く並列的に列挙する。いわゆるNHK的公平。
②さまざまな意見の真ん中を取ることを中立と考える、いわゆる中道。
③権力には悪が存在すると考え、忌憚のない権力悪批判をジャーナリズムの使命とするウォッチドッグ機能。
④少数意見(異見)を尊重し、できるだけ多くの多様な意見を価値評価を加えることなく紹介すること。
⑤世論の大勢とその動向を重視し、視聴者・読者のニーズに対応をすること。

 いずれも、もっともそうに見えるが、具体例で分析すると、その「非合理性」はすぐに判明する、と渡辺氏はいう。

①は意見や立場であれば何でも取り上げねばならないという悪弊を招いたり、はずされた左右のいずれかに正答がある場合には重大な誤りをおかしたりする。
②では明らかな詐欺や泥棒行為を警察で捜査している例で説明すれば、メディアがその中間の考え方で両者の言い分を平等に紹介することになる。
③ではたとえば国家に対決する海外の麻薬王や、市役所と対立する暴力団が善になるという矛盾が起こり得る。
④では、意見は実際は人の数だけあるから、すべての人に満足のいく意見紹介など不可能である。
⑤では視聴率と販売部数が唯一の指標となり、面白おかしく制作することで自己正当化を図ることになり、本当に重要な題材がないがしろにされる。

 多少の誇張はあるとしても、渡辺氏の指摘は理にかなっているように思う。

 振り返ってみれば、ジャーナリストは、いつも特定のテーマを選別し、特定の人に取材し、特定の言葉や事実を切り取る。そのすべてのプロセスで、取捨選択は避けられず、なんらかの解釈や「意味づけ」もせざるをえない。そうでなければ、報道ではなく、「官報」になってしまう。

 その意味で報道は、「主観性」や「立場」を排除できない。目標として、神のごとく「公平無私」を目指すのはかまわないにしても、それを実態であるかのように装うことは瞞着や詐言に近い。

 もう少し実態に即した比喩を使うとするなら、ジャーナリストの目標は野球やサッカーの審判(アンパイア)に近いのかもしれない。

 プレーヤーではなく、いずれのチームにも偏らず、いま起きつつあることをジャッジする。もちろん、人であれば誤審もするし、クレームは付き物だ。

 大切なことは、競技のルールを熟知し、選手の行為を、そのつどルールに照らして判断することだ。その判断に誤りがあれば、審判自身が退場を迫られる。

 審判は自らの経験と勘を頼りに、主観的にジャッジする。ジャッジしない審判は、審判ではない。自ら判断せず人にげたを預けたり、まして観客の贔屓で判断を左右したりすることは、審判の名に値しない。観客に判断を丸投げしない。その「観客」を、「読者・視聴者」に置き換えたら、どうなるだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

外岡秀俊

外岡秀俊(そとおか・ひでとし) ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院公共政策学研究センター上席研究員

1953年生まれ。東京大学法学部卒。77年に朝日新聞入社。学芸部、社会部、ニューヨーク特派員、ヨーロッパ総局長などを経て、2006年からゼネラルエディター兼東京編集局長を2年間務めた。11年3月に早期退職。著訳書に『地震と社会 上・下』(みすず書房)、『情報のさばき方―新聞記者の実戦ヒント』『震災と原発 国家の過ち』(いずれも朝日新書)、『3・11 複合被災』(岩波新書)、ジョン・W・ダワー著『忘却のしかた、記憶のしかた―日本・アメリカ・戦争―』(岩波書店)など。中原清一郎の筆名で小説『カノン』(河出書房新社)などがある。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです