メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新しいメディア学のためのジャーナリズム原論はあるか

佐藤卓己 京都大学大学院教育学研究科教授

「日本新聞学の父」とナチ新聞学

 小野秀雄は1951年創設の日本新聞学会の初代会長を1967年まで務めており、退任後も名誉会長と呼ばれていた。若い読者のために経歴を紹介しておこう。

 小野は1885(明治18)年に滋賀県の神官の家に生まれ、第三高等学校から東京帝国大学に進み独文科を卒業後、『萬朝報』や『東京日日新聞』の記者となった。やがて奨学金を得て大学院に入り、欧米留学ののち1929年に東京帝国大学に設置された新聞研究室の主任となった。1932年には上智大学専門部教授を兼任し新聞学科を創設している。戦時下には内閣情報部嘱託となり、ドイツ新聞学の第一人者として内閣情報部主催の第1回思想戦講習会(1938年)で「思想戦と新聞学」を論じている。同じ講習会で小野に続いて「思想戦と新聞」を講演した内閣情報部参与こそ、東京朝日新聞主筆・緒方竹虎だった。「新聞原論」連載時の情報局総裁である。

 どうして「ナチ新聞学」の第一人者が、戦後は「新聞の民主化」のリーダーとなりえたの

・・・ログインして読む
(残り:約5302文字/本文:約7371文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤卓己

佐藤卓己(さとう・たくみ) 京都大学大学院教育学研究科教授

1960年生まれ。89年、京都大学大学院博士課程単位取得退学。東京大学新聞研究所助手、国際日本文化研究センター助教授などを経て2015年から現職。専門はメディア史。著書に『ファシスト的公共性―総力戦体制のメディア学』(岩波書店)、『増補 八月十五日の神話』(ちくま学芸文庫)、『輿論と世論』(新潮選書)、『言論統制』(中公新書)、『流言のメディア史』(岩波新書)ほか。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです