メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

メディア嫌いと「道徳的価値」 読者との溝越える〝共感〟とは

平和博 桜美林大学教授(ジャーナリズム)

五つの道徳的価値観

 メディアの信頼低下の背景として指摘されてきたのが、政治的な分断だ。主要メディアはリベラル寄りで、保守との間に断絶がある、との見立てだ。そんな見立てが説得力を持ったのが、メディアの大方の予測を覆した16年米大統領選でのトランプ氏の勝利だった。

 今回の報告書で特徴的なのは、メディアの信頼評価に「道徳基盤理論(MFT)」という新たな視点を取り込んで

・・・ログインして読む
(残り:約4911文字/本文:約7033文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

平和博

平和博(たいら・かずひろ) 桜美林大学教授(ジャーナリズム)

1962年生まれ。早稲田大学卒。86年朝日新聞入社。シリコンバレー駐在、編集委員、IT専門記者を経て、2019年から現職。著書に『悪のAI論 あなたはここまで支配されている』『信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体』『朝日新聞記者のネット情報活用術』、訳書にダン・ギルモア著『あなたがメディア! ソーシャル新時代の情報術』(いずれも朝日新聞出版)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです