メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

セーフティーネットは消えていた コロナ禍で見えた女性の困窮

雨宮処凛 作家、反貧困ネットワーク世話人

 「収入が減って家賃・光熱水費が払えていない。生活保護の相談に行ったが『若いから働きなさい』など2回追い返された」(30代女性)

 「離婚し保育園で働いている。借金もあるので風俗のアルバイトもしてきたがコロナで収入が減り、やりくりができなくなっている」(40代女性)

 「コロナの影響でコンビニのシフトがゼロになり生活できない。そのため家賃を2カ月滞納している。仕事を探しているが見つからない。夜の仕事をするようになったが月10万円くらいにしかならず生活は苦しい」(20代女性)

 「民泊の清掃業務の請負。昨年は収入が以前の50%減となった」(40代女性)

 「コロナ禍で疲れた。死にたい。クローゼットに首を吊る用意してある」(20代女性)

 これらの言葉は、2021年6月12日に開催された「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」に寄せられたものだ。

1万人以上の悲鳴

 昨年4月から隔月で開催されているこの電話相談会は6月の時点で8回目。全国の弁護士や支援者などが電話を受けるこの相談会で、私も1回目から相談員をしている。この日寄せられた相談は954件。うち生活費問題が567件。また、相談してきた人のうち、「月収10万円以下」が274件、「所持金なし」が68件、「所持金千円以下」が70件という深刻な状況が浮かび上がった。

 相談会ではこの1年半で1万人以上の悲鳴を受け止めてきたが、電話相談における女性の割合は約半数。「女性不況」と言われる中、女性の貧困が急速な勢いで広がっていることをひしひしと感じてきた。

 原因のひとつは、新型コロナウイルス以前から女性の非正規雇用率が50%を超えていたことだろう(注1)。また、コロナはサービス業を直撃したわけだが、飲食・宿泊で働く人の実に63%が女性(注2)。その多くが非正規。この国のサービス業を支えてきたのは、低賃金で働く非正規女性たちだったのだ。

 そんな非正規女性の平均年収は152万円(注3)。これでは貯金など到底できない。そんな女性たちの多くが、なんの補償もなく放り出されたのだ。野村総研は、21年2月の時点でパート・アルバイト女性の実質的失業者が103万人に達するという推計を発表している(注4)

拡大新型コロナウイルスの影響で困っている人たちを対象に、弁護士や労働組合などが全国で一斉に電話相談会を開いた。「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」のこの会場では、用意された10回線がほぼ常に埋まっていた=2020年4月18日、東京都文京区

失業・即ホームレス

 女性の苦境は、コロナ禍初期から際立っていた。

 ここに20年3月前半の状況を読み解く資料がある。3月7、8日に「全国ユニオン」が開催した「同一労働同一賃金ホットライン~新型コロナウイルス対策の雇用形態間格差を是正しよう!~」に寄せられた相談だ。

 「3月2日から休みになった。補償がどうなるか説明がない」(パート/女性/テーマパーク)

 「週6日・1日5時間、20年以上勤務しているが、仕事がなくなった」(パート/女性/ホテル配膳)

 このように、初期に目立ったのは急な雇い止めや休業だ。特に多かったのが「休業手当てについて説明がない」というもの。

 一方、仕事をやめさせられ、「寮を追い出される」という相談もあった。

 「離婚して昨年11月から働いている。やっと慣れてきたが、雇い止めを通告され、寮も出るように言われ困っている」(派遣/女性/ホテル)

 離婚して寮に入っていたということは、頼れる人がいなければ、この女性はホームレス化に晒(さら)される可能性もあるということだ。

 このような「失業・即ホームレス」という事態が女性に降りかかったのもコロナ禍の特徴だ。私は15年間貧困問題に関わっているが、コロナ禍で初めて、「失業のみを理由とした女性ホームレス」に出会った。それ以前に出会う女性ホームレスの人々は、誰もが「失業以外の理由」があった人たちだったからだ。

 夫のDVから逃げている、虐待がひどい実家から逃げ出した、精神疾患がある等々。このような事情から住民票が移動できなかったりで結果的に働けず、ホームレス状態となっていたのだ。しかし、コロナ禍では、それまで派遣などで働いていた女性たちが失業し、家賃滞納であっという間にホームレス化に晒され、実際に一部は路上に出てしまったのだ。

 20年3月の電話相談には、以下のようなものもあった。

 「スーパーに試食販売で派遣されていたが、2月中旬から仕事がなくなった」(派遣/女性/流通)

 20年11月、東京都渋谷区内のバス停にいたホームレス女性が殺害されたが、彼女もその年の2月に試食の仕事を切られていた。亡くなった女性の所持金は8円、携帯電話は止まっていたという。

 このような女性の困窮の背景にあるのは、不安定雇用はもちろん、居住の不安定化、女性を守る余力が社会から消えたこと、風俗やキャバクラなど「夜の仕事」も打撃を受けたことが挙げられるだろう。

(注1) 内閣府「男女共同参画白書」(平成30年版)の「年齢階級別非正規雇用労働者の割合の推移」など
(注2) 厚生労働省「働く女性の実情」(令和2年版)など
(注3) 国税庁「民間給与実態統計調査」(令和元年分)など
(注4) NRIメディアフォーラム「なぜ『実質的失業者』に支援の手が届かないのか―速やかな経済的支援と円滑な労働移動支援を―」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

雨宮処凛

雨宮処凛( あまみや・かりん) 作家、反貧困ネットワーク世話人

1975年、北海道生まれ。フリーターなどを経て2000年、半生をつづった『生き地獄天国』(太田出版、ちくま文庫)で作家デビュー。フリーターや派遣社員、若年ホームレスなどを取材した『生きさせろ!―難民化する若者たち』(太田出版、ちくま文庫)で、07年の日本ジャーナリスト会議賞受賞。『コロナ禍、貧困の記録 2020、この国の底が抜けた』など著書多数。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです