メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

特定少年の推知報道を危惧 消せない過去、ネット上に

少年事件の匿名報道

山下幸夫 弁護士

・・・ログインして読む
(残り:約5188文字/本文:約7816文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下幸夫

山下幸夫(やました・ゆきお) 弁護士

1962年生まれ。89年に弁護士登録(東京弁護士会所属)。日弁連の刑事法制委員会委員長、秘密保護法・共謀罪法対策本部事務局長、法制審議会の少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会の幹事などを務めた。著書(共編著)に『少年事件の法律相談』(学陽書房)、『国際人権法実践ハンドブック』(現代人文社)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです