メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

すべての人類の安全保障へ 高まる「軍縮教育」の価値

核と向き合う(上)

中村桂子 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)准教授

・・・ログインして読む
(残り:約5885文字/本文:約7408文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中村桂子

中村桂子(なかむら・けいこ) 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)准教授

NPO法人ピースデポ事務局長を経て2012年から現職。専門は核軍縮。軍縮・平和教育を通じた人材育成にも力を注いでいる。近著に『核のある世界とこれからを考えるガイドブック』(法律文化社、2020年)。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです