メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

伊藤詩織さん中傷投稿に「いいね」 東京高裁判決 苦しみの訴えが開く「人権」の扉

「表現の自由」の公平な配分とは

志田陽子 武蔵野美術大学造形学部教授、東京都立大学システムデザイン学部客員教授

・・・ログインして読む
(残り:約7406文字/本文:約10873文字)


筆者

志田陽子

志田陽子(しだ・ようこ) 武蔵野美術大学造形学部教授、東京都立大学システムデザイン学部客員教授

専門は憲法、芸術法。表現者のための法学教育に力を入れる一方、市民向けに「歌でつなぐ憲法の話」などの講演活動を行っている。著書に『「表現の自由」の明日へ』(2018年)、『表現者のための憲法入門』(15年)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです