メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「それでも、いつかどこかで原発事故は起きる」 想像力を養い、弱点見抜け

奥山 俊宏

 2011年3月15日朝、原子力安全・保安院次長の平岡英治(えいじ)(65)は、経済産業省別館3階の自室のソファーで仮眠中に部下に起こされ、「2号機が爆発しました」と伝えられた。「阿部さんの言っていたことが起きてしまったか」と一瞬思った。

 原子炉の中身が空高く噴き上げられる「DCH」の恐れ――。仮眠前、元上司の阿部清治(きよはる)(75)からそう聞かされていたのだ。

拡大原子炉建屋の開口部から煙を噴き出す福島第一原発2号機=2011年3月15日に東電社員が撮影し、2013年2月1日に同社から公表された写真

 前夜、DCHの危険性について平岡と阿部が会話した後、午前1時過ぎになって、福島第一原発2号機の圧力容器の内圧は格納容器と同じ程度まで下がった。格納容器の圧力は高いままで、どうしようもない状況は続いていたが、最悪の事態であるDCHの危険は遠のいた。このため平岡は、少しでも休んでおこうと考え、仮眠をとることにした。それから何時間か、眠りから覚めるのと同時に「爆発」という言葉が耳に入り、「まさかDCH?」と一瞬思ってしまったのだ。

 廊下の北のはじの次長室から南のはじの緊急時対応センター(ERC)まで経産省別館3階の廊下を走り、ERCの大部屋で平岡は、2号機の圧力抑制室付近で異音が発生して圧力が低下したと報告を受けた。

 阿部がいた。

 もしかして最悪の事態を免れたということでしょうか?

 平岡は、炉心溶融事故解析の専門家である阿部にそう尋ねた。

 圧力抑制室の破損ならば、内部のガスが外に出てくる前に圧力抑制室にあるプール水をくぐることで、こし取るように放射能を除去する「スクラビング効果」を期待でき、恐れていた最悪の事態に比べ、放射能の漏れは少ないはずだ。

 阿部は、

 そういうことだと理解しています。

と平岡に答えた。

 平岡によれば、その朝、そんなやりとりがあった。

 たしかに「最悪の事態」ではなかった。DCHによる格納容器の大破損は起きなかった。だが放射性物質は水をくぐることなく、格納容器にできた隙間から直に漏れ出し、建屋の海側の開口部から噴き出たとみられ、その日の午後、風とともに北西に流れ、雨と一緒に地上に落ちて飯舘村など福島県内を汚した。10年後の今日も家に戻れない人たちがいる。

 原発の安全規制に40年余にわたって関わった原子炉事故研究者、阿部清治(75)の目を通し、日本が原子力にどう向き合ってきたか、その現場を5回の連載でたどる。この原稿は、2021年3月19日の朝日新聞夕刊に掲載された原稿に大幅加筆したその第5回。敬称はすべて略す。
 第1回は「DCHの恐怖、窒素封入配管の開放を進言… 福島原発最悪の夜」。
 第2回は「原発『安全研究』は事故リスク解析、米スリーマイル島事故が転機に」。
 第3回は「桁違いに大きい地震の原発事故リスクに『安全目標』未達? 見送られた津波対策」。
 第4回は「原発の安全規制で『戦争』を想定外にしていい理由は? 『我々、福島で痛い目に』」。

 阿部と平岡は今

・・・ログインして読む
(残り:約2963文字/本文:約4171文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

奥山 俊宏

奥山 俊宏(おくやま・としひろ) 

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部、特別報道部などで記者。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)で第21回司馬遼太郎賞(2017年度)を受賞。同書に加え、福島第一原発事故やパナマ文書の報道も含め、日本記者クラブ賞(2018年度)を受賞。近刊の共著書に『バブル経済事件の深層』(岩波新書、2019年4月)。
 そのほかの著書として『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』(朝日新聞出版、2017年11月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)がある。共著に 『現代アメリカ政治とメディア』(東洋経済新報社、2019年4月)、 『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyama-t@protonmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

奥山 俊宏の記事

もっと見る