メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

郵政改革の罪 票はもらって負担は子どもに

大塚耕平内閣府副大臣は「(ゆうちょ銀への)政府の関与は必要最小限にする。代わりに経営の自由度を高める」などと引き上げを正当化してきた。

 では「3分の1」と「2千万円」は同時スタートと思いきや、「2千万円」は夏の参議院選挙前に駆け込み実施の構え。50万ともいわれる郵政票

・・・ログインして読む
(残り:約1059文字/本文:約1193文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。