メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

鳩山個人事務所の賃料、記載なし 「個人で借りた」 政治資金規正法抵触のおそれ 鳩山首相

議員会合に使用

松田 史朗

 鳩山由紀夫首相が東京・永田町に借りている個人事務所について、政治活動に使用しながら、賃料を政治資金収支報告書に記載していないことが朝日新聞の調べで分かった。政治活動の実態があれば、政治団体に無償提供したものとみなされ、相当額を報告しなければならず、政治資金規正法に抵触する疑いがある。

(冨名腰隆、松田史朗)

 首相側は「

・・・ログインして読む
(残り:約1110文字/本文:約1272文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松田 史朗

松田 史朗(まつだ・しろう) 

 1964年生まれ。信州大学を卒業する前後から、さまざまなアルバイトを転々とする。
 「重化学工業通信社」を経て、「週刊ポスト」「週刊文春」の特派契約記者、フリーライターなどを経て、2003年秋、朝日新聞に入社。政治部、社会部、特別報道チーム、文化グループ、経済部などを経て特別報道部。
 「週刊ポスト」時代に永田町の取材を始め、政界の汚職事件も担当。田中真紀子衆院議員の秘書給与疑惑(2002年)や日本スケート連盟汚職(2006年)、偽装請負問題(2006年)、鳩山首相故人献金問題(2009年)などを取材。
 著書に、名古屋の中学生5000万円恐喝事件の加害者の両親の手記をまとめた『息子が、なぜ』(2001年、文藝春秋、構成・まとめ)、『田中真紀子研究』(2002年、幻冬舎)。共著に『偽装請負』(2007年、朝日新聞社)がある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

松田 史朗の記事

もっと見る