メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

講談社社長個人の連帯責任を増額認定 貴乃花名誉棄損訴訟《東京高裁判決抜粋》

 大相撲の八百長疑惑を報じた週刊現代などの記事をめぐり、元横綱の貴乃花親方と妻の花田景子さんが講談社(東京都文京区)側に計約7300万円の損害賠償と謝罪広告を求めた名誉棄損訴訟の控訴審で、東京高裁は9月29日、一審判決を変更し、野間佐和子社長の連帯責任を増額する判決を言い渡した。

 

 一審は同

・・・ログインして読む
(残り:約306文字/本文:約616文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。