メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

犯人隠避に問われた捜査幹部 いま、弁護士として自身の経験を講演

奥山 俊宏

 捜査機関幹部の立場にありながら犯人隠避の容疑で検事の取り調べを受けた――。そんな「強烈な失敗談」に、聞き手は引き込まれていく。芝昭彦弁護士(43)は、官庁や企業に依頼された講演でコンプライアンス(規範遵守)の重要性を説くとき、必ず冒頭で、自身の体験を引き合いに出す。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽この記事は2010年10月20日の朝日新聞夕刊(東京)に掲載された原稿に加筆したものです。

  ▽関連記事: 検察史上最悪の不祥事 厚労省虚偽公文書事件に関する一連の記事

 

拡大芝昭彦さん
 「ある夜、部下の一人がラリった状態で県警本部に来ました」

 講演で、芝弁護士は、時系列に沿って体験を話していく。

 東大法学部を出て、1991年(平成3年)4月、警察庁に入庁した。キャリアの警察官僚として、米エール大学大学院に留学したあと、29歳で神奈川県警の外事課長、100人近くを率いる組織の長となった。

 部下の覚せい剤使用疑惑が報告された1996年12月13日、芝さんは「部下の不祥事で組織に迷惑をかけることとなってしまった」「組織の長として大変申し訳ない」との思いを痛切に感じた。「私の責任です。後はすべてお任せします」。そんな心境だった。いわば思考停止状態となってしまった。

 県警本部長の判断は「事件を公にしないように」「不倫を理由に諭旨免職にしろ」だった。部下は覚せい剤使用の罪に問われることなく、職場を去っていった。「こういうふうに不祥事はもみ消すものなのか」。芝さんは、警察における組織防衛のあり方について、「洗礼を受けた」ような気分になった。

 1999年秋、警察不祥事が続々と明らかになる中で、3年前の事件が明るみに出る。芝さんはそのとき、東京・霞が関

・・・ログインして読む
(残り:約2642文字/本文:約3372文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

奥山 俊宏

奥山 俊宏(おくやま・としひろ) 

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部、特別報道部などで記者。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)で第21回司馬遼太郎賞(2017年度)を受賞。同書に加え、福島第一原発事故やパナマ文書の報道も含め、日本記者クラブ賞(2018年度)を受賞。 「後世に引き継ぐべき著名・重要な訴訟記録が多数廃棄されていた実態とその是正の必要性を明らかにした一連の報道」でPEPジャーナリズム大賞2021特別賞を受賞。 近刊の共著書に『バブル経済事件の深層』(岩波新書、2019年4月)。
 そのほかの著書として『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』(朝日新聞出版、2017年11月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)がある。共著に 『現代アメリカ政治とメディア』(東洋経済新報社、2019年4月)、 『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyama-t@protonmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

奥山 俊宏の記事

もっと見る