メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大阪地検前特捜部の不祥事の関係者に対する人事上の処分とその理由

 大阪地検特捜部の不祥事に関連して、最高検が21日に発表した関係者の人事上の処分の内容は次の通り。

1 犯人隠避事件の行為者

(1)大坪 弘道(おおつぼ ひろみち)(処分時大阪高検検事、元大阪地検特捜部長)
 懲戒免職 H22.10.21付け
 公訴事実に同じ

(2)佐賀 元明(さが もとあき)(処分時大阪高検検事、元大阪地検特捜部副部長)
 懲戒免職 H22.10.21付け
 公訴事実に同じ

2 上記両名の上司等関係者

(1)三浦 正晴(みうら まさはる)(福岡高検検事長)
 減給1月(100分の10) H22.10.22付け(内閣へ上申中) ※ 処分後辞職予定
 前田元検事による証拠隠滅事件について、大阪地検検事正としての監督責任

(2)小林 敬(こばやし たかし)(大阪地検検事正)
 減給4月(100分の10) H22.10.21付け ※ 辞職予定
 「公訴事実の概要」(2)中の大阪地検検事正小林敬に対する報告内容に記載のとおり、前田元検事によりフロッピーディスクの文書データが書き換えられた旨公判担当検事が指摘しているなどの報

・・・ログインして読む
(残り:約665文字/本文:約1124文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。