メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

元准教授3人、解雇無効 札幌地裁で判決 道教大アカハラ訴訟

 北海道教育大旭川校(旭川市)の男性の准教授3人(41~37)が学生に対し、教員の立場を利用した嫌がらせ(アカデミック・ハラスメント)をしたとして懲戒解雇された問題で、3人が同大を相手に解雇の無効などを求めた訴訟の判決が12日、札幌地裁であった。石橋俊一裁判長は「ハラスメントはあったが、解雇に相当する重大な行為ではない。懲戒権の乱用だ」として原告の請求を認め、解雇の無効と賃金の支払いを認めた。

   ▽この記事は2010年11月13日の朝日新聞北海道版に掲載されたものです。


 判決によると、3人はアイヌ語の

・・・ログインして読む
(残り:約457文字/本文:約711文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。