メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決要旨》 村上ファンド元代表の有罪確定へ

 村上ファンドによるニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は、証券取引法(現・金融商品取引法)違反の罪に問われたファンド元代表・村上世彰(よしあき)被告(51)の上告を棄却する決定をした。決定は6日付で、裁判官5人全員一致の意見。懲役2年執行猶予3年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円とした二審・東京高裁判決が確定する。

 

 決定は、2004年11月、旧ライブドア側から

・・・ログインして読む
(残り:約1186文字/本文:約1552文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。