メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「グッときた。これは立件できると体が震えるような衝撃を受けた」

(8) 金丸脱税事件の情報を提供し、検察の窮地を救った国税当局

村山 治

 戦後の自民党一党支配に幕を引き、今にいたる政界流動化のきっかけともなった金丸信・元自民党副総裁の5億円ヤミ献金事件。1992年に発覚したが、公判に付されず20万円の罰金で処理されたため、捜査資料が法廷で開示されず多くの謎が残されている。この連載「金丸事件:特捜部長と金庫番が語る20年目の真実」では、ヤミ献金事件とそれに続く脱税事件の捜査を東京地検特捜部長として指揮した五十嵐紀男弁護士と金丸氏の秘書で金庫番とも言える存在だった生原正久氏の証言で真相に迫る。5億円のヤミ献金を受けた金丸氏を取調べず上申書提出で罰金処理し、さらに公判で裏付けのない政治家の実名調書を朗読したことで、特捜検事らは厳しい世論の批判を受け、落ち込んだ。その窮地を救ったのは国税当局だった。8回目は、検察「起死回生」となった金丸氏の脱税事件の端緒を検察が得た事情を明らかにする。

  ▽筆者:村山治

  ▽この記事は9月20日に出版された単行本「小沢一郎vs.特捜検察20年戦争」(村山治著、朝日新聞出版)に収載された原稿の一部を取り出し、それに加筆したものです。

  ▽関連資料:「生原氏関連割引債一覧」と題する日債銀の内部資料

  ▽注:本文中の敬称は原則、略しています。


 ■「おれはついている」―五十嵐氏が語る、キラー資料が舞い込んだ日

 東京・霞が関の検察庁舎10階の特捜部長室に、野村興児国税庁調査査察部長(現・山口県萩市長)と石井道遠査察課長(国税庁長官を経て現・東日本銀行頭取)が五十嵐紀男特捜部長を訪ねたのは、正月気分も抜けきらぬ1993年1月20日の午後だった。

 野村たちが持参したB4の一枚紙を見た五十嵐は

・・・ログインして読む
(残り:約13609文字/本文:約14281文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

村山 治

村山 治(むらやま・おさむ) 

 徳島県出身。1973年、早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。2017年11月、フリーランスに。この間、一貫して記者。
 金丸脱税事件(1993年)、ゼネコン事件(93、94年)、大蔵汚職事件(98年)、日本歯科医師連盟の政治献金事件(2004年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。
 著書に「安倍・菅政権vs.検察庁 暗闘のクロニクル」(文藝春秋)、「市場検察」(同)、「特捜検察vs.金融権力」(朝日新聞社)、「小沢一郎vs.特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」(新潮新書) 。共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)、「田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察『栄光』の裏側」(朝日新聞出版)、「バブル経済事件の深層」(岩波新書)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

村山 治の記事

もっと見る