メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決抜粋》厚労省虚偽公文書事件 検討の手法について

 本件において、基本的には、関係者の供述の信用性が問題となる。

 各供述の信用性について、検察官、弁護人から、次のような観点からの主張がなされ

・・・ログインして読む
(残り:約742文字/本文:約813文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。