メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

前大阪地検特捜部長ら逮捕の被疑事実要旨

 被疑者大坪弘道は、大阪地方検察庁特別捜査部長として、被疑者佐賀元明は、同庁特別捜査部副部長として、いずれも同庁検察官の職務に従事していたものであるが、被疑者両名は、同庁検事前田恒彦が、大阪地方裁判所に公判係属中であった上村勉らに対する虚偽有印公文書作成等被告事件の証拠であるフロッピーディスク内に記録された文書データを改変したという証拠隠滅罪を犯した者であることを知りながら、共謀の上、前記前田の刑事処罰を免れさせる目的で、平成22年2月上旬ころ、大阪市内の同庁において、電話で東京都内にいた同人に対し、前記文書データの改変が過失によるものであるとして以後説明するよう指示し、さらに、同月10日ころ、同庁にお
・・・ログインして読む
(残り:約214文字/本文:約519文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。