メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決抜粋》厚労省虚偽公文書事件 場面【4】 上村が独断で公的証明書を作成し、河野へ交付したことと符合する事情

(オ) 上村が独断で公的証明書を作成し、河野に交付したことと符合する事情の存在について

a.  本件公的証明書の作成状況との符合性

 前述したとおり、上村は、6月1日午前1時ころに本件公的証明書のデータを入力し、翌朝8時ころ、当該データを印刷した上、公印を押捺するなどして本件公的証明書を作成した。公印の使用は、本件公的証明書の決裁ラインにいる上司らが了解した案件であれば、そのように人目を避けるような時間帯に行う必要は乏しいといえる。したがって、当該事情は、被告人等の指示はなく、独断で本件公的証明書を作成したとする上村の公判供述により整合するもの

・・・ログインして読む
(残り:約2533文字/本文:約2806文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。