メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決抜粋》厚労省虚偽公文書事件 場面【4】 倉沢供述の信用性に関するその余の点

(カ) 倉沢供述の信用性に関するその余の点について

a. あいさつの必要性

 検察官は、倉沢は、被告人と直接あいさつをしたと述ベており、その経緯を踏まえると、倉沢が、本件公的証明書を受領するのがごく自然な成り行きであると主張している。確かに、被告人と直接あいさつをした経緯から、倉沢が直接受領するということも、それ自体としては自然なものといえる。しかし、倉沢が被告人と直

・・・ログインして読む
(残り:約614文字/本文:約797文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。