メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決抜粋》厚労省虚偽公文書事件 場面【4】結論

(3) 結論

ア 証拠上認められる事実

 上村は、6月1日午前1時ころ、社会参加推進室の自席において、本件公的証明書のデータを作成し、同日8時ころ、当該データを出力・印字し、本件公的証明書を完成させた。

イ 単体では、証拠上認定するに至らない事実

 被告人は、上村に指示して、公的証明書を作成させ、これを

・・・ログインして読む
(残り:約270文字/本文:約418文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。