メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

《判決抜粋》 厚労省虚偽公文書事件 場面【1】 塩田の検察官調書の信用性

 倉沢方から、村松の名刺は発見されたのに、塩田、被告人の名刺は発見されなかった。また、倉沢の手帳には、村松に関する記載はあるのに、被告人に関する記載は存在しない。

 a. 塩田の検察官調書には、石井

・・・ログインして読む
(残り:約4775文字/本文:約4873文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。