メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

海上自衛隊護衛艦「あたご」航海長聴取の記録の存否応答拒否に関する記者の意見書

 海上自衛隊護衛艦「あたご」の事故について、事故発生当日に防衛大臣ら防衛省の担当官が「あたご」航海長から事情聴取し、運用企画局の係官がメモを作成したことは公知の事実である。防衛省自身もそのホームページにおいて、事務次官の記者会見での発言の内容として、「事務方のレベルにおいて、一人の者がメモを記録しているということは
・・・ログインして読む
(残り:約743文字/本文:約901文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。