メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

iPadの必然性は、あなた次第

倉沢鉄也

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

 私、倉沢鉄也は、(株)日本総合研究所という、三井住友フィナンシャルグループにあるシンクタンク・コンサルティングファームに籍を置いている。

 前職以来のキャリアも踏まえて、通信・放送を中心としたメディアビジネスの趨勢と、メディア・ライフスタイルの趨勢に、もう20年近く関わってきた。本コーナーの執筆陣の中では比較的若輩だが、この分野の年季はずいぶんと入ってしまっている。 ・・・ログインして読む
(残り:約1911文字/本文:約2095文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

倉沢鉄也の記事

もっと見る