メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

風景をがらりと変えるかiPad

川本裕司

川本裕司 朝日新聞社会部記者

 6月半ばの夜11時前、帰宅するときに乗ったJRで、iPadの使い手と隣り合わせて座った。40歳前後の男性だ。左手をiPadの下にもぐらせ、縦書きの電子書籍を読んでいた。右手の人さし指を画面に触れ、ページをめくっていく。時折、ワイシャツの胸ポケットからスマートフォンを取り出しては、ツイッターを確認する。

 先行予約は2日後に中止、新刊文芸書を電子書籍として販売、店の前には長い行列……。事前から話題があふれ、5月28日に日本で発売されたiPadについての報道ぶりは破格だった。アップルジャパンの竹林賢広報部長は「すべてのテレビニュース、すべての新聞で大きく取り上げられ、報道量は予想以上だった」と話す。民放の朝の情報番組では、20分以上にわたって取り上げた例もあったという。 ・・・ログインして読む
(残り:約1120文字/本文:約1457文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川本裕司

川本裕司(かわもと・ひろし) 朝日新聞社会部記者

朝日新聞社会部員。1959年生まれ。81年入社。学芸部、社会部などを経て、2006年から放送、通信、新聞などメディアを担当する編集委員などを経て、19年5月から大阪社会部。著書に『変容するNHK』『テレビが映し出した平成という時代』『ニューメディア「誤算」の構造』。

 

川本裕司の記事

もっと見る