メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

暴力団の顔見せ排除に有効なダイジェスト

倉沢鉄也

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

 大相撲名古屋場所におけるNHK生中継の中止をめぐる論点は、実はかなり多岐にわたっており、慎重な整理が必要である。その論点の濃淡によって、NHKの判断への賛否はどうにでも論じることができる。しかし、報道の紙面をいくつか眺めている限り、論者の根拠は単純かつ感情的なものにとどまり、多岐にわたる論点を踏まえた見解とは思われない。
・・・ログインして読む
(残り:約1777文字/本文:約1939文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

倉沢鉄也の記事

もっと見る