メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

政治家が語るべき「中くらいの話」とは

澁谷知美

澁谷知美 東京経済大准教授(社会学)

入れたい政党がない選挙だった。

 よく言われることだが、政治家のコトバがまったく響いてこなかったことが原因だ。国をどうしたいのか、各党のビジョンがほとんど見えてこなかった。

・・・ログインして読む
(残り:約1589文字/本文:約1674文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

澁谷知美

澁谷知美(しぶや・ともみ) 東京経済大准教授(社会学)

東京経済大准教授。1972年大阪市生まれの千葉県育ち。東大大学院教育学研究科博士課程修了。専門は社会学および教育社会学、主な研究テーマは男性のセクシュアリティの社会史。単著に『日本の童貞』『平成オトコ塾 悩める男子のための全6章』『立身出世と下半身 男子学生の性的身体の管理の歴史』、共著に『性的なことば』などがある。【2015年6月WEBRONZA退任】

 

澁谷知美の記事

もっと見る