メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

危険はらむ、愛子さま不登校報道への要請

岩井克己

岩井克己 ジャーナリスト

皇太子家の長女・敬宮愛子さまの不登校問題をめぐって、週刊誌が激しい報道合戦を繰り広げ、宮内庁は抗議・謝罪要求など対応に追われている。一方で新聞、テレビなどのほうは、教育現場での子どもの世界に関わることでもあり、同庁の「静かな環境を」との要請を受けて事態を静観しているのが現状だ。 ・・・ログインして読む
(残り:約3707文字/本文:約3846文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

岩井克己

岩井克己(いわい・かつみ) ジャーナリスト

ジャーナリスト。朝日新聞特別嘱託。1947年生まれ、71年入社。94年から2012年5月まで朝日新聞編集委員。皇太子ご夫妻訪韓延期へ、礼宮さま婚約、即位の礼の骨格、雅子さま懐妊などをスクープ。05年、「紀宮さま婚約内定」の特報で新聞協会賞受賞。著書に『侍従長の遺言』『天皇家の宿題』。監修に『徳川義寛終戦日記』『卜部亮吾侍従日記』など。

岩井克己の記事

もっと見る