メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

終身刑を新設し、死刑を一時停止しよう

古西洋

古西洋

政権交代後、初めての死刑が7月28日に執行された。死刑廃止論者と見られていた千葉景子法務大臣が、命令し、処刑にも立ち会った。半月前の参院選で落選したばかりの法務大臣による執行については批判があるが、法務大臣は死刑判決が確定したら執行を命じる役目を法によって課せられている。この仕組みを変えないかぎり、政権が変わっても、死刑は止められないということが改めてはっきりした。 ・・・ログインして読む
(残り:約1929文字/本文:約2113文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古西洋

古西洋(こにし・よう) 

朝日新聞記事審査室長兼紙面オンブズパーソン兼紙面審議会事務局長。1955年生まれ。社会部で司法やメディアを担当。論説委員として司法改革や裁判、事件などの社説を執筆。2011年6月から現職。共著に『ルポ自粛』『孤高の王国』『代用監獄』『被告席のメディア』。

古西洋の記事

もっと見る