メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「一番手アップル」という落とし穴

丹治吉順

丹治吉順

 朝日新聞の週末版「be」のデジタル欄「てくの生活入門」で、7月31日と8月7日の2回にわたって「iPadの長所と短所」という記事を組んだ。このWEBRONZAでも以前採り上げたが、iPadにはいくつかの明白な欠点がある。にもかかわらずメディア(特にテレビ)には表面的な礼賛報道があふれており、飛びついた一般ユーザーの少なくとも何割かは、「こんなはずではなかった」と落胆するのが目に見えていた。そこで長所と短所を整理して、読者の参考にしてもらおうと思ったのだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約3154文字/本文:約3384文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

丹治吉順

丹治吉順(たんじ・よしのぶ) 

朝日新聞「be」編集部記者。1961年生まれ。学芸部、AERA編集部、ASAHIパソコン編集部を経て、現在「be」編集部。専門分野は、デジタル機器とサービス、インターネット、著作権など。林紘一郎・田中辰雄編「著作権保護期間」(勁草書房)に論文「本の滅び方」を寄稿。

丹治吉順の記事

もっと見る