メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

山口組対警察 因縁の対決を制するのは?

緒方健二 朝日新聞西部報道センター記者

 神戸市に本拠を置く指定暴力団、山口組は国内最大の暴力団です。警察庁によると、全国の暴力団組員約3万8600人のざっと半分の約2万人を擁し、45都道府県に拠点を置いています。ないのは広島と沖縄だけです。組員数2位の住吉会(本拠・東京)は約6100人、3位の稲川会(同)は約4700人ですから、その大きさがおわかりでしょう。

 暴力団を犯罪集団と位置づけ、壊滅を目指す警察にとって長らく暴力団対策=山口組対策でした。過去に何度か大規模な取り締まりを実施し、中心になった兵庫県警が1968年に「壊滅宣言」を出したのですが、実際にはそうはなりませんでした。92年施行の暴力団対策法や組織犯罪対策3法の新設のほか、銃刀法の改正など当局が法整備を尽くしても組織は温存され、拡大を続けました。最近では、共政会(広島市)などほかの独立系指定暴力団との関係を深めており、ベテラン捜査員に「悔しいが名実ともにやくざ界の覇権を完全に握っている」と言わしめています。

 ▽山口組とは

 この難敵を警察は倒すことができるのか。それを考える前に、警察の内部資料に沿って、少し山口組の歴史を振り返っておきます。世の中の大半の人々は、山口組のことなどご存じないでしょうから。 ・・・ログインして読む
(残り:約2733文字/本文:約3256文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

緒方健二

緒方健二(おがた・けんじ) 朝日新聞西部報道センター記者

朝日新聞社会部員(組織暴力専門記者)。1958年大分県生まれ、同志社大卒。毎日新聞社を経て88年入社、92年東京本社社会部。警視庁警備・公安、捜査1課、国税などを担当、99~2004年警視庁キャップ。東京社会部デスクを経て、04年から警察・事件担当の編集委員。地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件のほか数多の殺人、贈収賄、暴力団犯罪などを取材。17年4月から西部報道センター。

緒方健二の記事

もっと見る