メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「ニュースにだまされるな!」児童虐待、不明老人…家族は崩壊しているのか?

朝日ニュースター「ニュースにだまされるな!」×WEBRONZA提携

拡大

 朝日ニュースターの人気番組「ニュースにだまされるな!」(朝日ニュースター公式サイト)が、WEBRONZA(ウェブロンザ)スペシャルに登場。毎月第一土曜日に初回放送される2時間ちかい番組が、一挙に文字で、かつウェブで読めます。今回のテーマは「児童虐待と高齢者の所在不明問題」(10月2日(土)放送分)。今年、所在不明の高齢者問題や児童虐待による死亡事件が頻発しました。中村さん、金子さんが迎えるスタジオに集まった4人のゲストは、一連の報道をどのように見たのでしょうか。

     ■     ■     ■     ■     

 ◆「ニュースにだまされるな!」児童虐待、不明老人…家族は崩壊しているのか(初回放送:10月2日(土)22:00~23:55)。司会:中村うさぎ(作家)、金子勝(慶応義塾大学教授)。ゲスト:小木曽宏(児童養護施設・房総双葉学園施設長)、青柳雄介(ジャーナリスト)、品田知美(東京工業大学世界文明センターフェロー)、結城康博(淑徳大学准教授、年齢順)。

 ◆次回の番組は、11月6日(土)22時からの放送で、テーマは「中間選挙後のアメリカは?(仮)」です。ゲストは、アンドリュー・デウィット氏(立教大学教授)、柴田徳太郎氏(東京大学教授)、砂田一郎氏(学習院大学前教授)、西崎文子氏(成蹊大学教授、あいうえお順)。司会はもちろん、中村うさぎさん(作家)と金子勝さん(慶応大学教授)です。再放送:7日(日)16時00分~、10日(水)21時00分~、11日(木)14時00分~、同25時00分~。詳しくは番組ホームページへ。「ニュースにだまされるな!」番組公式サイト。

拡大

【司会】

 ■中村うさぎ(なかむら・うさぎ) 作家、エッセイスト。1958年生まれ。コピーライターやゲームライターを経て、91年にライトノベル作家としてデビュー。自らの浪費や美容整形を綴ったエッセーなどで著名に。著書に『狂人失格』『女という病』『私という病』『セックス放浪記』など。

 ■金子勝(かねこ・まさる) 慶応義塾大学経済学部教授。1952年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得修了。専門は財政学、制度経済学、地方財政論。著書に『新・反グローバリズム』、共著に『新興衰退国ニッポン』『日本再生の国家戦略を急げ』など。

【ゲスト】

 ■小木曽宏(おぎそ・ひろし) 児童養護施設・房総双葉学園施設長。1954年生まれ。30年にわたり児童自立支援施設や児童相談所、淑徳大学教授などとして児童福祉の現場や研究に従事。現在、淑徳大学・千葉明徳短大で非常勤講師も務める。著書に『Q&A子ども虐待問題を知るための基礎知識』『現場に生きる子ども支援・家族支援―ケースアプローチの実際と活用』、共著に『児童自立支援施設これまでとこれから』『よくわかる社会福祉現場実習』など。

 ■青柳雄介(あおやぎ・ゆうすけ) ジャーナリスト。1962年生まれ。法政大学文学部日本文学科卒業。出版社、雑誌記者を経てフリーに。主な取材分野は事件、社会、皇室、スポーツなど。

 ■品田知美(しなだ・ともみ) 東京工業大学世界文明センターフェロー。1964年生まれ。早稲田大学理工学部資源工学科卒業。シンクタンク勤務を経て東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。専門は社会学。著書に『家事と家族の日常生活―主婦はなぜ暇にならなかったのか』『”子育て法”革命―親の主体性を取り戻す』、共著に『揺らぐ子育て基盤―少子化社会の現状と困難』。

 ■結城康博(ゆうき・やすひろ) 淑徳大学准教授。1969年生まれ。専門は社会保障論、社会福祉学。淑徳大学社会福祉学部卒業。法政大学大学院博士課程修了(政治学)。介護の現場で社会福祉士・介護福祉士・ケアマネージャーとして勤務後、現職。著書に『福祉社会における医療と政治』『介護―現場からの検証』『医療の値段―診療報酬と政治』『介護の値段―老後生き抜くコスト』『介護入門 親の老後にいくらかかるか?』『福祉という名の「お役所しごと」』など。

     ■     ■     ■     ■     

(冒頭テロップ)

無縁社会 家族の再建で問題解決? 地域のボランティアで福祉は万全? 行政の怠慢で行方不明高齢者続々? 生活保護より老親の年金が頼り? 子どもを虐待する親に重罰は当然? 児童の安全よりプライバシーが大事? 子ども手当はやっぱりバラマキ? 公的福祉拡大より「自立」が大事?

♪オープニングミュージック:忌野清志郎「GOD」

うさぎ 金子さん、最近は、尖閣諸島沖で起きた中国漁船の衝突事件で盛り上がっていますけれども。

金子 日本も盛り上がっていますが、日本政府の対応が非常に曖昧なので、ぼくの周辺ではけっこう怒っている人が多いですよ。

うさぎ ネットとかを見ているとナショナリズム的な発言に元気があって、ちょっと個人的に気になるところですが。

金子 まだ(事態の展開は)途中なのでこれからどうなっていくか分かりませんが、ぼくの予想では、双方がこれ以上突っ走ってやり続けるかというと(そんなことはなくて)、何とか納めたいという雰囲気が出てきています。ただ、いくつかの点でちゃんとしておかなくてはならないことがあります。まず、那覇地検が外交上の判断をしたかのような発言をして、政府は「知りません」という立場をとる一方で、検察で大阪地検特捜部の証拠捏造問題が出てきています。これは政府(の対応)として適切じゃないでしょう。自分たちの政治判断をちゃんと示さず、逆に今になって「尖閣諸島は我々の領土です」と言われても。最初から「中国側のやり方はけしからん」とはっきり言わないから、そのことが逆にナショナリズムを高めてしまうと思います。

 もう一つ、見逃してはならない論点として、ちょうど菅(直人)首相と前原(誠司)外相がアメリカに行っているときに慌てて(中国人船長を)釈放した、という事実です。そこに何があったのかをちゃんと検証しないといけない。(2人は)恐らくアメリカにコミットを求めた、でも(アメリカ側は)「釈放しろ」だったのではないか。推測にすぎませんが、米ワシントンポスト紙など一部の新聞は、「日本のやり方はとても大人だった」と歓迎している。その一方で、アメリカは元安を叩きに入る。米中双方が密接でありながら互いにゲームをやりあっている中で、日本政府だけが中国側と接触せず、米国一辺倒で変な対応をしているために、ただの米中間の交渉カードにされてしまい、沈まされているように、ぼくには見えます。

 アメリカは「尖閣諸島は日米安保の範囲だ」と言いましたが、領土問題は日中間で解決しなさい、というちょっと無責任な態度を取ってもいます。日本の領有権を認めず、それを基地維持カードに使っています。この間、米中「G2」時代に日本外交はどうあるべきか、ということを試されたという風に考えた方がいい。中国ばかり見ているのではなくて、アメリカと中国という世界の構図の中で日本が言うべきことを言わないと、たち行かなくなりますよ、ということ。もちろん、(言うべきことを)言ったからといって戦争しろというわけではなくて、今後、同じような問題を尖閣諸島で起こさないためにはどうしたらいいか、中国との関係で詰めていくことが大事です。尖閣諸島について、「あなたたちはやりすぎでしょう」「あなたたちのやり方もおかしいし、我々に対するあなたたちの批判もおかしい」ということをしばらく言い合うことになるけれど、その中でガス田の交渉の再開などいろいろある中で、この問題をさわると、長期的に日本と中国の関係をよくしていかないと日本も生き残れないし中国も生き残れない、という(戦略的互恵)関係が崩れていってしまう。そういう状況になってしまうことを避けるためには、今後(問題が)起きないためにどうしたらいいか、しっかり考えていく必要がある。今の段階ではそういうところに入りつつあるんじゃないか(と思います)。

うさぎ 菅政権になってから、尖閣諸島の問題をはじめ、問題がてんこ盛りという感じです。そんな中で、今日のテーマは、高齢者や児童虐待を取り上げたいのですが、足立区の111歳の男性が実は死亡していたのに放置されていたという白骨死体事件があり、衝撃を受けました。

金子 もう一つ、大阪で離婚した女性が子ども2人をネグレクト(育児放棄)して、放置して死亡させてしまったという衝撃的な事件もそうです。米中との外交も大変だけど、気がついたら足元の社会も相当壊れている、それをどうにかしなきゃいけない、というのも忘れないでほしい。

うさぎ 最近は、家族内の問題が立て続けに脚光を浴びていますね。

金子 家族というと今までは私的領域の問題だったのに、この間の子ども手当の問題もそうですが、1人ひとりのプライバシー、私的領域の問題として任せられない状態が生まれてきた。じゃあ公的な部分はそれにどういう風にコミットしていけばいいのかが定かではない。しかしこのままいくと問題はどんどん広がっていく。そういう境目となっている状況で、今日はこの問題を正面から取り上げようと(思っています)。

うさぎ 家族というもの自体が、社会(の変化)とともに旧来の形とは変わってきていると思うので、どういう風に変わってきているのか、どう対処していけばいいのか、という話をしたいと思います。

金子 このままいくと1~2カ月すると、突出した事例の紹介、「わー!すごい、こんな問題があるんだ」で終わってしまう。そうじゃなくて、これは今後も続く社会問題だということを「ニュースにだまされるな!」で、まずはメディアに警鐘を鳴らす意味でやりたいと思います。

うさぎ 表面的に、老人の放置が悪いとか子どもを虐待する親が悪い、誰かが悪いという話ではなくて、その根本に潜む問題に、この番組ではがっつりと取り組んでいきたいと思います。

 今日はこの方々をゲストにご招待いたしました。淑徳大学准教授、結城康博さんです。結城さんは老人介護や福祉の問題に詳しく、最近、『福祉という名の「お役所しごと」』(書籍工房早山)という本を出されました。

結城 役所は福祉に関しては事務的で、早い話がいい加減にやっているので、それを市民が監視しなくてはならない、と書きました。

金子 元お役所(出身)で、福祉の現場にいた人なのに……(笑い)。

うさぎ 帯に「窓口で、”お役所しごと”をさせない秘策あり!」と書いてあって「あっ」と思わされました。「お役所仕事」はよく批判を浴びていますが、そういうご経験を生かした発言をされています。そうしたスタンスで、老人介護や福祉の問題をいろいろお聞きしたいと思います。

 そして、ジャーナリストの青柳雄介さんです。青柳さんは、高齢者の行方不明や児童虐待をいろいろ取材なさっています。

青柳 金子先生が言ったように、これは決して個人の問題ではなくて、日本社会全体の問題で、これからみんながもっと深く考えて行かなくてはならないと思っています。

金子 我々の社会のメディア報道は「こんなすごい!」と最初はびっくりさせるけれど、そのうちだんだん飽きてくるという問題があります。どんどん出てくるうちに「ああまたか」という風になってしまう可能性があります。

うさぎ 家族の問題を社会の問題として、みんなで考えていかなくてはならないですね。

 そして、児童養護施設・房総双葉学園施設長の小木曽宏さんです。小木曽さんは、児童虐待の現場などをよくご存じということですね。

小木曽 大阪の事件もそうですが、私も子どもたちと暮らしているので、親をバッシングして問題が解決するものではない、という立場の者です。

うさぎ 今日は、施設や児童相談所が家族の問題にどこまで介入できるのかという壁もあると思いますので、そうした点もお話しいただきたいと思います。

金子 (小木曽さんは)大学で教えているご経験もあるし、現場にも詳しいので、この問題を論じるには最適の方だと思います。

うさぎ そして、東京工業大学世界文明センターフェローの品田知美さんです。品田さんのご専門は社会学で、子育てや家族のありようなどを研究されています。

品田 今日は現場の方が多いのですが、私はどちらかというとふだん資料を見たり古い本を読んだり、統計データをいじったりを中心にしているので、皆さんのお話を聞きながら勉強させていただきつつ、と思っております。

金子 謙虚なふりをして(笑い)、ばんばん言ってくれると思います。

うさぎ 子育てや家族のありようが今どうなっているかなど、ぜひお聞かせ下さい。

金子 最近、女性の研究者によくゲストで来ていただきますが、昔と違って、今まで問題とされてこなかった領域が、ちゃんとした学問ベースでいろいろな形でみんなが主張するようになってきて、いいなと思っております。

うさぎ 金子先生は、女性のゲストにちょっと弱かったりして……(笑い)。

金子 批判されると、たじろいでしまう。男には強いんですけどね。女性に言われると、わーっとなっちゃう(笑い)。

うさぎ 女性には言えないタイプですよね。そんな感じで金子さんがマイルドになるという点も楽しんでいただきたいと思います。ありきたりの解説に飽きた方、不信感を持っている方、納得の2時間です。最後までごゆっくりご覧ください。

(CM)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。