メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

偉大な求道者がつくった偉業の記録

倉沢鉄也

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

記録誕生の瞬間に立ち会うのは確かに心地よい。白鵬と双葉山との比較は9月場所終了時点から多く報道されているところである。しかしそれはイチローがいくつかの米国野球の記録を塗り替えていったときと同様、100年近く前とは勝負の条件が違いすぎ、もはや比較自体に重要な意味のない、100年後も伝説に残る偉業の実現だと捉えたほうがよい。

 本場所年6回15日制という同じ条件において、すでに白鵬の連勝は22年前の千代の富士の53連勝を抜いて頂点に立った。8度の全勝優勝も年間86勝も史上1位だ。一方双葉山は年2回の本場所で69連勝だったが当時は大阪準場所や名古屋準場所が開催されており、これらを含めた年5~7場所では87連勝、9連覇、優勝30回(全勝21回)を記録している。それらの比較と関係なく、白鵬の実績はすでに相撲の歴史の最高峰の一角にある。

 そもそも連勝とは、圧倒的な実力に加えて、プレイスタイルの安定性、ライバルの不在、怪我や病気を含めたコンディションの維持、プライベートの身辺を含めた集中力の持続、勝負上のいくつかの運、があってできるものだ。連勝記録で過去の競技者と比べて強いか弱いかは論じられない。とくに刹那の機微が勝敗を決する相撲において、連勝とは最もあやうくはかない記録である。双葉山の69連勝も、詳細を見るとこれらの要素が複数重なって実現し、またこれらの要素が複数重なって途切れたものである。白鵬の連勝は、本稿を書いているたった今、63で途切れた。69に届かなかったことは、もはや白鵬の評価において重要なことではない。

・・・ログインして読む
(残り:約1644文字/本文:約2307文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

倉沢鉄也の記事

もっと見る