メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「厄介者」に渋面の警察の判断は慎重

緒方健二

緒方健二 朝日新聞西部報道センター記者

「厄介なモノを持ち込んでくれた」と複数の警察幹部が嘆いています。沖縄・尖閣諸島沖であった中国漁船と海上保安部巡視艇の衝突事件をめぐる映像流出の捜査を、海上保安庁が警視庁と東京地検に委ねたことを指しています。

 インターネットに映像が流出してから4日後の11月8日、これを内部犯行とみる海上保安庁が国家公務員法の守秘義務違反などの容疑で、警視庁と東京地検に告発しました。当時は被疑者不詳です。それから2日後の11月10日、神戸海上保安部の海上保安官が「自分がやった」と名乗り出ました。「それにしても」と警察幹部たちの嘆きは続きます。なぜか。

●嘆きの理由

 第一に、国際テロ捜査に関する警察の内部情報とみられる114件がインターネット上に流出した問題を抱えているからです。10月末に発覚し、内部調査の真っ最中です。身内の不祥事のカタが付いてもいないのに、他機関の情報漏洩を調べる資格や余裕があるのかというためらいがまずあります。

 次に、衝突事件に対する社会の関心の高さです。9月7日に起きた事件は、単なる公務執行妨害事件では収まらなかった。中国人船長を石垣海上保安部が逮捕し、起訴する前提でこう留していたのに突然那覇地検が処分保留で釈放しました。船長はすぐに帰国しました。この間、中国政府は船長の釈放をずっと求めていました。さらに中国の軍事管理区域に侵入したとして日本人4人を拘束した。日本政府が中国の圧力に屈して釈放したと見られても仕方がないのに、「釈放は検察の判断」というだけで詳しい説明を避けました。海保が撮影した衝突映像は、一部の国会議員に見せただけでした。日本国内で、政府の弱腰と説明不足への不満に加えて反中国の感情が高まるのも道理です。そこへ海上保安官が「私がやりました」と名乗り出た。流出の動機を「一人でも多くの人に遠く離れた日本の海で起こっていることを見てもらい、判断して行動してほしかっただけ」と語っている。私が聞いた周囲の反応の多くは、保安官の動機と行動に理解を示したものでした。

・・・ログインして読む
(残り:約3551文字/本文:約4397文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

緒方健二

緒方健二(おがた・けんじ) 朝日新聞西部報道センター記者

朝日新聞社会部員(組織暴力専門記者)。1958年大分県生まれ、同志社大卒。毎日新聞社を経て88年入社、92年東京本社社会部。警視庁警備・公安、捜査1課、国税などを担当、99~2004年警視庁キャップ。東京社会部デスクを経て、04年から警察・事件担当の編集委員。地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件のほか数多の殺人、贈収賄、暴力団犯罪などを取材。17年4月から西部報道センター。

緒方健二の記事

もっと見る