メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

世界都市の多様で豊かな機能を放棄するな:都条例改正に反対する一都民から

赤木智弘(フリーライター)

 2010年を通して議論を呼び、3月の継続審議、6月の否決を経て、12月に可決成立した都条例改正案(12月28日に施行規則が公開)。2011年7月までに施行される。「非実在青少年」問題と呼ばれ賛否両論が渦巻いた都条例の何が問題で、今後、私たちの生きる東京や日本に、どのような影響をもたらすのか。フリーライターの赤木智弘さんが論じる。

================================================================

 ■赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター。1975年8月生まれ。栃木県出身。数々のアルバイト勤務を経て、「論座」2007年1月号で「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」を発表し、反響を呼んだ。非正規労働者や就職氷河期世代の実体験にもとづく社会への提言を続けている。著書に『若者を見殺しにする国――私を戦争に向かわせるものは何か』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』がある。

================================================================

 12月15日、「東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案」が可決された。

 3月に提出された条例案こそ、関係者や世論、民主党などの反対でなんとか継続審議に持ち込むことができた。しかし、今回はその時に話題となった「非実在青少年」などという文言は消えたものの、マンガ作品における表現への萎縮効果という、実質的な問題はなんら解決されないまま、可決に至ってしまった。

◇慎重さに欠けた「専門部会」の議論◇

 マスメディアは、「アニメやマンガの児童ポルノ(!?)を規制する条例」などとしているところは論外としても、多くは都側の「わいせつなコミックを別の棚に移すだけ」という言い分を垂れ流すだけに留まり、現状すでに成年コミックが店頭でゾーニングされているといった基本的なことは、ほとんど報道されていない。

 改正後はこぞって「慎重な運用が必要である」などとメディアや識者が口にしていたが、そもそもこの条例改正へ向けた過程自体に、慎重さがまったく欠けていた。

 青少年健全育成条例改正の叩き台として設置したはずの青少年問題を論じる専門部会(2009年1月30日)の議事録では、表現規制に反対した人たちに対して、

「一番強く反対とかメールを送ってきたり、脅迫状とかということをやった人たちは漫画家集団なんです。特に児童ポルノをかいている人たち。この人たちはいわば狂信的なグループではありますよね」(第28期東京都青少年問題協議会 第1回専門部会 前田雅英 p.33http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28b1giji.pdf

 と、反対意見を「脅迫」呼ばわりし、マンガ家の人たちを貶めている。

 また、「児童ポルノ(実在児童が撮影された児童ポルノと、非実在児童が描かれたマンガの区別が付けられていないことに注意)の愛好者の人たち」に対して、09年7月9日には、

「障害という見方、認知障害を起こしている人たちという見方を主流化する必要があるのではないか」(同協議会 第8回専門部会 大葉ナナコ p.29http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28b8giji.pdf

 などと、露骨な差別や蔑視が平然と行われていた。また、性的表現がある図書を子どもが読むことが本当に有害であるか否かといった、データや根拠の必要性については一顧だにされておらず、とにかく「実際に影響された犯罪があった」との一点張りである。何かに影響されて犯罪が発生したら、その発生元を規制しなければならないとすれば、この世のありとあらゆるものが、すべて排除される可能性がある。

 そのような一方的な議論の場で産み出された答申素案ができると、都はパブリックコメントを募集した。

 2週間という短い募集期間にも関わらず、都の内外から1600通弱のパブリックコメントが寄せられ、2010年1月14日には答申が公表された(同協議会答申について|東京都http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2010/01/40k1e100.htm)。

 しかし、9割がた反対意見であったと見られるパブリックコメントは、結局、条例改正の流れに何の影響も与えなかったのみならず、開示されたパブリックコメントの多くには、べったり黒塗りがされていた。ジャーナリストの昼間たかしによれば、個人情報のみならず、議事録に掲載されている委員の発言と、それに対する批判までもが、黒塗りされていたという(5月6日、昼間たかし「審議会パブコメ・絶賛賛成は1%?と5月決戦の行方」livedoor Blog(ブログ)http://www.mangaronsoh.com/archives/2642543.html)。

◇仮想の表現に現実の刑法を当てはめるいびつさ◇

 こうして2010年3月には「非実在青少年」という言葉が有名になった「東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案」が提出されるが、議論の不足を理由に採択されず、冒頭に述べたように継続審議となった。

 東京都は「誤解」を解こうとして「質問回答集」を出すものの、いくら今の担当者が「見た目が18歳未満に見えるキャラクターというだけでは規制しませんよ」などと口にしたところで、条例の条文そのものに明示されていない限り、拡大解釈や裁量の余地を残してしまうので、意味がないなどと指摘された。また、こうした回答集での線引きが必要になること自体、条例改正案が十分に練られておらず、恣意的な規制が行える証拠であるとして、批判が強まった。

 そうした結果、6月には改定案が提出されたものの、民主党などの反対多数で否決された。

拡大東京都青少年健全育成条例改正案に反対を表明する(右から)漫画家の秋本治氏、ちばてつや氏、漫画原作者のやまさき十三氏ら=11月29日、東京都新宿区、金子淳撮影。

 しかしほっとしたのもつかの間、11月の中旬に新たな動きがあった。11月30日から始まる第4回都議会で、条例改正案の再提出があるとマスメディアで報じられたのだ。実際の改正案が提示されたのは11月の下旬で、「非実在青少年」などの文言は無くなったものの、刑罰法規に触れる性交や近親相姦などを規制するとして、仮想であるはずのマンガに対して、現実の刑法を当てはめる、極めていびつな改正案が示された。

 そうした杜撰な改正に反対しようにも、パブリックコメントの募集なども無く、公的な批判の機会は失われた。そして、6月には反対した民主党都議たちが今回は賛成に回る形で、12月15日に改正案が可決された。

◇石原都知事に「慎重な運用」は可能か◇

 このように「東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案」は、オタクなどへの差別と蔑視が横行した専門部会から産まれ、パブリックコメントの無視と黒塗りによって肯定され、都民に信を問わない「電撃作戦」によって可決した。

 慎重な議論を行う機会をことごとく奪われた末に産まれたこの条例に対して、「慎重な運用が必要である」などというコメントがされても、寒々しいとしか言いようがない。メディアや識者たちも、もう少しこれまでの経緯をふまえてコメントし、報じて欲しいと思う。

 実際、都知事である石原慎太郎は、条例が可決されたことに対して、当日の会見で

「当たり前だ、当たり前、日本人の良識だよ。てめえらが自分の子どもにあんなもの見せられるのかね。大人が考えりゃ、大人の責任だ。当たり前だ」

 と述べている。

 「当たり前」ということは、もはや議論の必要性すらないということなのだろう。自分たちの感覚こそ絶対であり「それに文句をいうのは、当たり前の感覚を持っていない異常な人間だ。だから考慮に値しない」という宣言である。こうした傍若無人な相手が主導する会議で、慎重な議論が行われると少しでも期待を持つ方がどうかしている。

◇表現の萎縮効果を低く見積もる猪瀬副知事◇

 こうして、他者を見下すことに終始した石原慎太郎に比べれば、副知事の猪瀬直樹はまだ、規制反対派と対話をしていたと言える。自ら条例改正の問題点を探る番組に出演したり、Twitter上で考え方をツイートし、時には批判に答えていた。

 だが、猪瀬の主張は、条例改正による表現への萎縮効果を、極めて小さく見積もっている。

 猪瀬や都は「規制はあくまでも流通規制であって、表現規制ではない」「本屋の棚を移すだけだ」としている。しかしそれは、屋上から他人を突き落としたことに対して「私がやったことは、あくまでも屋上の床の無い部分に押し出しただけだ。落ちたのは重力の問題で、別の話だ」と強弁しているに等しい。

 確かに、文言だけで言えば、改正内容は流通規制に過ぎない。しかし、都が本を有害指定すれば、取次の扱いは悪くなり、書店は本をカウンターの裏に下げてしまう。ネット書店などでも十分な年齢確認には手間がかかるので、出荷を嫌がるケースが出てくるだろう。こうして多くのお店で扱われなくなるのであれば、そもそも出版社はリスクを避け、本の出版をためらう。また、出版社の意向を気にするマンガ家は、条例に引っかかるかもしれないような、きわどい表現を避けるようになる。

 やがてそうした考え方は内面化されて、「きわどい表現を描きたいのに描けない」という意識ではなく、最初からそのような表現のマンガを描くという考え方や動機、可能性自体が失われていく。

◇「名作」というジャンルはない◇

 猪瀬は「名作を描けばいい」などとTwitterでつぶやいていたが、そのマンガ作品が「名作」と呼ばれるのは、出版されて、多くの人に受け入れられた結果でしかない。「名作だ」「駄作だ」といった価値判断は受け手によって千差万別であるはずだが、あたかもジャンルの一部のように「名作」という言葉を使われても、困ってしまう。

 仮に「名作」というジャンルがあったとしよう。どういう作品が名作と呼ばれるかといえば、王道はやはり「マンガ表現を用いて、人間の隘路を描き出す作品群」ということになりそうだ。しかし、人間や社会の隘路を描くためには、それ相応の舞台装置を用意する必要がある。

 物語の主人公は、例えば突然犯罪に巻き込まれて逃げるハメになったり、ふとしたキッカケで他者におさえきれない殺意を感じたり、妻が浮気をしていることが明らかになったり、援助交際で中学生の女の子とセックスをしてしまったりといった描写によって、初めて人間や社会を説得力をもって描くことができるようになる。

 しかし、そうした数ある表現可能性のうち、きわどい表現をマンガで描こうとする考え方そのものが失われていけば、さまざまな表現が多くの漫画家たちの考えから滑落してしまう。しかも厄介なことに、表現が奪われていることに、世間はもちろん、そのマンガ家自身にすら、決して気づけないのである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。