メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

特捜検事の証拠改ざんはこうやって明るみに出した 朝日・板橋記者が語る

板橋 洋佳(いたばし・ひろよし)記者 朝日新聞大阪本社 社会グループ(初出1/7)

 大阪地検特捜部の検事による証拠品の改ざん事件――。2010年9月21日、その実態を明るみに出す特ダネ記事が朝日新聞の一面に掲載されました。その後、検察の根幹を揺るがす事態に発展するきっかけとなった報道です。その取材にあたった朝日新聞の板橋洋佳記者が昨年12月21日、早稲田大学で開催された同大大学院政治学研究科ジャーナリズムコース主催、報道実務家フォーラムの取材報道ディスカッショングループ共催のフォーラムで、一連の取材の舞台裏を中心に報道の手法、報道に携わる者の基本的な姿勢などについて語りました。

 板橋記者は下野新聞で警察担当記者として活躍し、2005年2月には、知的障害のある宇都宮市在住の男性が全く無関係の強盗の疑いで逮捕・起訴された事実をスクープしました。朝日新聞に移り、一昨年からは大阪の司法記者クラブで主に検察とその手がける事件の取材を担当してきました。「当局をネタ元とする当局担当記者は当局に都合の悪い記事は書けない」と言われることがありますが、実態はどうなのか。特ダネ記者というのはどのように仕事をしているのか。板橋記者が報道に携わる人やこれから携わろうとする若い人たちらに向け丁寧に語りました。当日の講演を加筆、修正してお届けします。会場との質疑応答も詳細に収録しています。

 〈報道実務家フォーラム〉 取材技法を高め、知識を広げたり、情報、報道の自由と記者の権利について理解を深めたりすることを目的に、隔月の頻度でフォーラムを開催。現役の記者や記者を目指す人、そういったテーマに関心のある人ならば、誰でも参加できる。

※なお、本記事は朝日新聞の「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」にも掲載。その中の検察史上最悪の不祥事 厚労省虚偽公文書事件の経緯も参考にしてください。

         ==========================================

拡大検察報道について語る板橋洋佳記者
 大阪地検特捜部の主任検事によるフロッピーディスク(FD)のデータ改ざんを取材したのは、大阪司法クラブのメンバーが中心です。大阪司法クラブは、裁判担当の平賀拓哉、岡本玄、検察担当の私と野上英文、キャップの村上英樹の計5人で構成されています。

 「検事、押収資料改ざんか」という見出しとなった2010年9月21日付の初報の記事の掲載後は、東京司法クラブのメンバーを中心に、記者クラブに所属していない遊軍とよばれる記者も加わり、20人くらいで様々な角度から記事を書いてきました。

 具体的な話に入る前に、一連の取材を通して感じたとことは、記者の存在意義って何だろう、ということでした。今日はそんなことも会場のみなさんと一緒に考えながら、お話をすすめられたらと考えています。私の話で足りない部分は、みなさんからの質疑応答の時間にお答えしたいと思います。

 FD改ざんは、「朝日新聞の取材でわかった」とする調査報道の記事として掲載されました。

拡大特捜検事の証拠改ざんを報じる朝日新聞の特ダネ記事
最高検察庁がその日のうちに、改ざんした特捜部検事を証拠隠滅容疑で逮捕し、10日後の10月1日に、検事の改ざん行為を隠したとして、当時の特捜部長と副部長を犯人隠避容疑で逮捕しました。1枚のFDをきっかけに検察史上類を見ない不祥事に発展した形になりました。

 改ざんをした検事は起訴事実を認め、部長と副部長は「検事から意図的にやった」とは聞いていないし、隠したことはない」として否認しています。12月24日、最高検察庁が、今回の大阪特捜部が事件にした郵便不正事件の捜査公判、証拠改ざんにいたる一連の内部検証の結果を公表します。みなさんには25日付の新聞でその中身が届くと思います。検証結果の公表後、検事総長が引責辞任する見通しです。今回の記事は、検事総長の辞任という状況にまで、事態が動いていきました。

 また、この検証結果は、法務大臣の諮問機関である「検察のあり方検討会議」の外部委員らに報告されます。あり方検討会議は来年3月末までに、何らかの結論を大臣に出していく状況です。

 以下、僕たちがどんなことを考えて取材をしていき、その中で調査報道の記事化に際して、どんなことに気をつけ記事にしていったのかをお話させていただきます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。