メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

合体ロボとしてのシリコンバレー

平和博

平和博

 シリコンバレーは、高度にモジュール化されたベンチャーのための生態系だ。ビッグアイディアと才能さえあれば、金でも人でも、残りのパーツは合体ロボのように吸い寄せられ、一気にビジネスの姿をとる。シリコンバレーの成功譚は、グーグルからフェイスブックまで、概ねその繰り返しだ。そして、猛スピードの合体ロボ大戦が繰り広げられる。

 その才能輩出の一つの核がスタンフォード大学。サン・マイクロシステムズやヤフー、グーグルの創業者たちがまさにそうだ。ハーバード発のシリコンバレー企業、フェイスブックは、その変形バージョンとも言える。

 スタンフォード大の北側を南西に抜けるサンドヒル・ロードはベンチャーキャピタルの集積地として有名な地域だ。グーグルやアマゾンへの投資で知られるクライナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズなど名だたる看板が軒を連ねる。

 スタンフォードのキャンパスをはさんで反対側の通り、ページミル・ロードには、ジョン・ルース米駐日大使が最高経営責任者を務めていた名門法律事務所、ウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ&ロサーティもある。

 スタンフォードを取り囲むようにして、生態系を構成する会計士、コンサルタント、技術者、社内食堂の料理人、そしてもちろん経営者。この生態系では、とにかく何でもそろう。そして、きわめて人材流動性が高い。合体ロボは、 ・・・ログインして読む
(残り:約595文字/本文:約1169文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

平和博

平和博(たいら・かずひろ) 

朝日新聞編集委員。1962年生まれ。足かけ15年にわたり、ネットの広がりと社会の変化を取材。社会部、企画報道室デジタル編集部、米シリコンバレー駐在、アサヒ・コムデスク、科学グループデスクなどを経て、09年から編集委員(IT担当)。訳書に『ブログ 世界を変える個人メディア』。

平和博の記事

もっと見る